第50回全日本大学駅伝、注目の区間エントリー発表!

[陸上競技部](2018年11月02日 16時21分)

秩父宮賜杯第50回全日本大学駅伝対校選手権大会が明日11月4日、愛知県・熱田神宮~三重県・伊勢神宮の全8区間106.8km(今年から区間距離のみ変更された)で行われる。メンバーエントリーは以下の通り。


<メンバーエントリー>
1区9.5km 小原拓未(政2)
2区11.1km 小島海斗(市2)
3区11.9km伊勢翔吾(現4)
4区11.8km中村大成(法3)
5区12.4km伊東颯汰(営2)
6区12.8km神戸駿介(仏2)
7区17.6km堀合大輔(国3)
8区19.7km 山下一貴(市3)
補員 片西景(地4)
補員 下史典(経4)
補員 白頭徹也(市4)
補員 中村大聖(法3)
補員 加藤淳(経2)


昨年は、1区に片西、2区に工藤(現コニカミノルタ)を配置し、前半重視のオーダーで3番以内を目指した。総合記録、優勝回数ともにトップに君臨し、全日本大学駅伝と相性のいい駒大だが、結果は4位。第46回大会優勝から、その座を譲り続けている。今年こそ王者奪還を目指し、再び伊勢路に臨む。

箱根予選会から始まった駅伝シーズン。箱根駅伝で9年ぶりにシード権を失った悔しさを胸に、上半期から全学年を通して自己ベストを次々と更新。控え選手を出しても戦えるほど選手層が厚くなった。

当日朝、区間変更は認められないが、補員選手から3人までメンバー交代が可能となる。今回は、全8区間中、5区間で三大駅伝未経験者がエントリーされている。補員メンバーにも主力選手が多数おり、選手層の厚さが際立つ。ここからどのような変化があるか注目である。

今年から区間距離が変更されたため、各校手さぐりで今大会を迎えることになる。最長距離である8区には、昨年同様山下がエントリー。唯一距離変更がないこの区間で、成長した姿を見せられるか期待がかかる。また、昨年区間賞を獲得した堀合も8区に続く長い距離に配置され、自信の持ち味と語る『長距離での安定感』に注目だ。

☆お知らせ1
駒大スポーツ陸上班は当日Twitterで速報をお伝え致します!
アカウント名:駒大スポーツ陸上班(@KomaspoTaf)をぜひご覧ください!

☆お知らせ2
当日、伊勢神宮ゴール地点にて限定50部で注目選手紹介、前回大会のプレイバックや今年の振り返り等を掲載した号外冊子をお配りします!
ぜひお手にとってご覧ください!

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)