• 苦しい表情を見せながらも自己ベスト更新の走りを見せた原嶋=駒澤オリンピック公園で(奧野凌河撮影)

  • 初出場ながら好調な走りをした花崎(元井可奈子撮影)

原嶋、花崎ハーフで好記録!箱根へ一歩前進!

[陸上競技部](2018年11月12日 14時04分)

第13回世田谷246ハーフマラソン大会が11月11日、駒沢オリンピック公園陸上競技場を発着点とした折り返しコースで行われた。結果は以下の通り(上位3位までと駒大のみ)。

<陸連登録者男子の部>
1位 木津晶夫(カネボウ)1:03'00"
2位 岩見秀哉(青山学院大学)1:03'13"
3位 中村拳梧(東洋大学)1:03'22"

8位 原嶋渓(社3)1:04'27"☆
12位 花崎 悠紀(市1)1:04'48"★
19位 白頭徹也(市4)1:05'33"
31位 若林 大輝(商2)1:06'24"☆
35位 狩野未基(国2)1:06'39"★
57位 町田将光(国1)1:07'49"★
78位 江口大雅(仏2)1:08'40"
85位 佐々木聖和(営3)1:08'47"
99位 伊藤聡汰(歴1)1:09'22"★

※☆は自己ベスト、★は大学初ハーフマラソン

箱根駅伝のメンバー選考に絡む重要なレースとなる世田谷246ハーフマラソン。
駒大からは、佐々木、原嶋、花崎、町田に加え、ペース走として白頭、若林、狩野、江口、伊藤の9選手が出場した。また、今大会でも昨年に引き続き藤田敦史ヘッドコーチがゲストランナーとして参加した。

◆大八木弘明監督
「(今日は)原嶋と、花崎はしっかり最後まで我慢して、まあまあ上出来かなという感じ。ペース走をやっていた子達も、思ったよりも早いペースでペース走をやってくれた。次につながるのではないかと思う。全体的にはしっかり練習も含めて、よかった。(箱根へのアピールとして走った選手もいたが)16人のメンバーに入るために、原嶋、花崎らはそれを考えてやっていた。練習の中で16人に入ってくるかというところ。(全日本を終えて選手の様子は)少し疲れはある。土曜日に20km(走)をやっていて、疲労はあった。あと3日くらい少しのんびりしながら、次の合宿に備えて1月の2日、3日上手く走れるようにやっていきたいなと思う」

◆原嶋渓
「(自己ベスト更新だが気持ちは)1ヶ月前の予選会でメンバーのみんなが良い走りをしていて、自分はまだ力がなくて下のチームで練習しているが、自分もメンバーに少しでも近づけるように、ここ1ヶ月ずっと世田谷(ハーフ)を目標に頑張ってきた。目標だった自己ベストでゴールできてよかったと思う。(監督からは)一応自分は『しっかり走れ』と言われていた。(箱根にエントリーする)16人はまだ決まってないので、少しでも自分をメンバーに絡めるように今日は走った。(自身の調子は)夏合宿から大学に入って初めてすごく良い練習ができていて、大学3年目にしてようやくしっかりした結果が出たので自分的には良かったと思う。(レースプランは)15kmまで先頭について最後の5kmの登りを粘ると思っていたが、自分が思ったよりも少し早くて10km手前で離れてしまった。そこから自分のペースを作ってしっかり粘って、最後まで走ることができたので良かった。(レース後に監督から)まだまだいける部分があると思うから、もっとスタミナつけて後半をもっとあげれるように、と言われた。(次戦の)初めての10000mだが、そこでもしっかり箱根に向けてアピールできるように疲労を抜いてやっていきたい」

◆花崎悠紀
「(初ハーフだったが)今日初めてで何もわからなかったが、1時間5分20秒を切ることを目標に頑張っていた。原嶋さんに途中で追いつかれ、原嶋さんにいい感じに引っ張ってもらったので後半も自分の中では、かなり粘ることができた。それに目標としていたタイムを切ることができたので良かった。(レースプランは)自分の部屋の先輩が山下さんで、ハーフが得意なので色々聞いた。前半は30分を切ってアップのつもりで走れと言われていた。後半は後ろから来る人とか前にいる人をしっかりとターゲットにしてその人について頑張って粘って、きつくなっても自分のペースに合った人を見つける。そして後半は粘りの走りをするという助言をいただいていたので、後半はその通りにした。(実際に走ってみて)その助言はとても響いた。後半はずっと山下さんに言われた通り後ろから追いついてくる選手にくっついて、なるべく順位とタイムを下げないように走ることができたので良かった。この世田谷のコースはきついと言われていて、1年生で1時間5分内で走れれば力はあると先輩方に言われ、結果5分を切ることができた。一応優勝を目標にはしていたのでそこは反省ではあるがタイム的には、自分の目標を切れて、監督にも『これからもっと精進していくように』と言われたので頑張っていきたい」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)