• 元日本代表の岩政はディフェンスリーダーとして東京ユナイテッドFCを支える

  • 今季からキャプテンに就任した黄大城

  • 昨季は駒大サッカー部で背番号10を背負った小口

  • 林健太郎氏がかつて携わった「ハヤシダービー」がいよいよ実現する

【緊急企画】天皇杯予選・決勝直前!対戦相手・東京ユナイテッドFCに迫る

[サッカー部](2018年05月09日 11時25分)

今週末、5/12(土)に行われる「第23回 東京都サッカートーナメント 決勝」対東京ユナイテッドFC戦。

東京ユナイテッドFCは多くの元Jリーガーが所属するいわば「実力者集団」である。先月に行われた準決勝では東洋大を完封し、決勝に駒を進めた。


今回は、東京ユナイテッドを支える3選手に駒大に対するイメージを伺った。

◆岩政 大樹 元日本代表
「(駒大サッカーのイメージ)巻(誠一郎/現・ロアッソ熊本/J2)、深井(正樹/現・ジェフユナイテッド千葉普及コーチ)。(関東大学リーグで首位を走っていることについて)胸を借ります」

◆黄 大城 主将
「(駒大サッカーのイメージ)シンプルで縦に早い。球際、精神力含め個々の能力が高く、のびのびプレーしてる。 (関東大学リーグで首位を走っていることについて)対戦相手と順位で戦うのでないので関係ありません。とにかくいい準備をして、いい試合ができればと思います」

◆小口 大司 (18年駒大卒)
「(駒大サッカーのイメージ)選手一人一人が頑張るし、攻撃も守備も迫力があり、力強い印象。(首位を走ってることについて)今年こそ、駒大を復活させて欲しいし、今年の選手ならそれが出来ると思う。駒大のサッカーが日本のサッカーに風穴を開けてくれると信じています。(警戒したい、対戦したい選手)ぼくの後輩たちは、全ての選手に持ち味がある。頑張れる選手も、走れる選手もドリブル出来る選手もいるし、全員が嫌な選手。自分を育ててくれた駒大をリスペクトしつつ、少しでも成長した姿を見せることが恩返しになると思うので、精一杯頑張ります!」


東京ユナイテッドFCで昨年までヘッドコーチを務めていた駒大OBの林健太郎氏(現・ヴィッセル神戸強化部スタッフ)からのコメントは以下の通り。

◆林 健太郎氏
「まさかこの対戦が実現するとは!両チームに関わりを持つ私にとっては非常に感慨深いカードになりました。
プロへの準備として過ごした駒澤大学での4年間、チームの立ち上げから指導者として在籍した東京ユナイテッドでの3年間、共に私のサッカー人生において重要なウェイトを占めております。
学生と社会人の意地のぶつかり合い、大変お世話になった秋田監督と福田監督の采配などなど、ハヤシダービーを存分に楽しんでください」



また、駒大サッカー部からも、東京ユナイテッドFCに関して話を伺った。

◆秋田浩一 監督
「(東京ユナイテッドの印象は)岩政のチームかなと思ったりもしたんだけど、最近出ていないらしいので…あとはうちの小口がいるくらい。もともとOBの林健太郎がずっと見ていたので。うまい選手が多いと聞いたから、スカウティングビデオをこれから見させてもらおうと思っています」

◆大塲 淳矢(法4)
「(東京ユナイテッドの印象について)印象というか、やはり社会人なのでうまいとは思うが、確実に自分たちの方が走れる。そういうところで勝って、気持ちの部分で勝っていければ結果は自ずとついてくると思う。(対戦したい選手は)先輩の小口さんがいるので、試合で先発で出て来てくれたら楽しい。楽しい試合になると思う」

◆室町 仁紀(商4)
「(東京ユナイテッドの印象)試合などは見ていないので全然わからないが、社会人なので走り勝てば、絶対勝てるチャンスが来るので、運動量という部分で学生らしくやっていきたいと思う」

◆高橋 潤哉(営3)
「(東京ユナイテッドのイメージ)つなぐよりもシンプルにやってくるイメージ。隙はあると思うし、自分たちがまとまって戦えば必ずチャンスはある。自分はFWとしてしっかり決めきったりチャンスを作り出していければ。守備は全体としてまとまっているので、そこの隙を無くして戦っていきたい。(対戦したい選手は)自分自身に向き合って集中していけば、どんな相手も関係ない。そういう意味ではあまり気にしていない」



◆試合情報
第23回 東京都サッカートーナメント 決勝
駒澤大学vs東京ユナイテッドFC
5/12(土) 14:00キックオフ
会場:味の素フィールド西が丘
入場料:
一般:1000円/中高:500円(小学生以下は無料)

◆会場アクセス
・都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分
・JR「十条」駅より徒歩20分
・JR「赤羽」駅西口より「池袋」行、「日大病院」行バス乗車、「国立西が丘競技場北門」下車、徒歩5分、または「トンネル経由 赤羽車庫」行、「王子駅」行乗車、「国立西が丘競技場」下車、徒歩3分



(写真提供、取材協力:東京ユナイテッドFC)

発行冊子最新号一覧背景(左)

サッカー部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)