• 本塁打を放った菅野=川口市営球場で(常木寛哉撮影)

  • 高橋亮はチームの要として活躍した(寒川朋子撮影)

  • 東都初登板を果たした上野(二宮優里亜撮影)

打線爆発!秋へ向けて価値ある一勝

[硬式野球部]東都大学野球2部春季リーグ東農大2回戦(2016年05月24日 19時03分)

  東都大学野球春季2部リーグ対東農大2回戦が5月24日に川口市営球場で行われた。結果とメンバー(駒大のみ)は以下の通り。

東農大 010 014 000=6
駒 大 110 150 31×=12


       打安点
(8)米  満  422
(4)福  山  413
(9)79酒井良621
(3)巴  山  411
(7)長谷川  310
H9青  地  100
PH新  井  000
R7諸  積  000
DH高  石  210
HD  東   100
(6)菅  野  432
(2)高橋亮  401
(5)伊藤修  430
     計 371410

          回   打安責
  伊藤大  4     1751
  上  野  11/3   1035
  中  山   2/3   420
○白  崎  2     710
  谷  中  1     300

  打線は初回、酒井良樹(法2)の左中間への適時二塁打で1点を先制すると、2回には菅野赳門(商2)の本塁打など、4回までに3点を獲得する。5回にも1死満塁の場面で菅野の右適時打や相手の暴投などで、この回5点を追加する。援護を受けて迎えた5回、公式戦初出場の上野翔太郎(現1)がマウンドに上がるも制球が定まらず。6回途中で4失点を喫してマウンドを降りる。その後は中山大貴(経3)ら3投手の継投で、相手打線を無得点に抑え、12対6で勝利。春季リーグを3位で終えた。

◆西村亮監督
  「(今季を終えて)すっきりとした試合が中々できないまま終わってしまった。5勝した中で納得できた試合は少ない、出来なかったことを反省して鍛えていかないといけない。(初出場の上野は)シーズン中に1回くらい投げさせておきたいというのがあった。緊張していたようでうまく行かなかったが、いい経験になったと思う。(打撃につながりがあったが)リーグを通してもう一つ足りなかった。こういう打撃をリーグ序盤にできるようにならないと優勝争いはできない。内面、心の問題でもある。(秋季に向けて)順位は関係ない。1部に上がるためにやらなければならなかった。秋に向けて新しい戦力も出て来なければならない。守備から、漏れの無いよう反省をしっかりして克服していかなければならない」

◆高橋亮介主将(法4)
  「(今日は)2連勝して3位で終わるという気持ちだったのでよかった。(今季の課題は)勝手に崩れたりとかが目立ったシーズンだったと思う。力自体の差はないが、当たり前にできることをすることができれば、もっと勝てたというか、もっと良い試合ができたと思う。そういう部分を本当になくしていければ、秋はもう少し試合ができると思うので、それを目標にやっていきたい。(秋までの課題は)自信を持って、望むというのが一番。気持ちの面で大きく左右すると思うので、一球一球の重みなどそういうところを流さないように、やり切れるということを練習からやっていきたいと思う」

◆菅野赳門
  「今日勝てば3位になれるということで、しっかり勝ち点を取って秋につなげていくという気持ちで試合に臨んだ。(2回の本塁打は)いい形で打てたので入ったと思う。(今季3位という結果は)とにかく悔しい。今季で1部昇格をするという目標を立ててこれまでやってきたが、それができなかった。本当は1部にいないといけないとみんなが思っているので、情けないというか悔しい。今季の自分の打撃に満足はいっていない。打ち損じや甘い球を見逃したり、もっと練習をしていかないとだめだと思った。秋に向けてしっかり練習したい。今季成し遂げられなかった1部昇格を目標にしていきたい」

◆上野翔太郎
  「(初出場だったが)緊張した。全部悪かった。(調子は)ブルペンではいつも通りだったが、マウンドに上がったら、、、。(3位という結果について)自分は最初調子が悪く、応援する側だったが、先輩たちの力で3位まで来れたので秋に繋がると思う。(秋に向けて)今日のような投球を二度としないように練習したい。1番よかった高校3年夏の感覚に戻るようにしたい」

◆伊藤大海(経1)
  「「(今日は)初先発で緊張していた。2回の失点は取られるべくして取られたもので、詰めの甘さが出てしまった。(課題は)走者を背負った時の投球と、まだまだ変化球が甘いので決められるところを決めるようにしたい。東都は高校の時とはまた違った雰囲気があった。一人一人が自分の役割をしっかり果たしていた。自分たちもそれをやっていけば勝ちにつながると思っている。秋に絶対1部に昇格するために一戦一戦全員で戦っていく」

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式野球部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)