• 自己ベストには届かなかったが粘り切った酒井=鴻巣市陸上競技場で(菅野真由子撮影)

  • 苦しいレースとなった町田

  • 惜しくも自己ベスト更新には至らなかった石川(村上直弥撮影)

  • 苦しい表情ながらも10000m自己ベストを大きく更新した神戸

神戸、単独走となるも10000m自己ベスト更新!

[陸上競技部](2019年04月28日 16時13分)

第73回平成国際大学長距離競技会が4月28日、鴻巣市陸上競技場で行われた。結果は以下の通り(上位3人と駒大のみ)。

【3000mSC】
<5組>
1位 吉田匠(早大) 8’55”78
2位 山口和也(日体大) 8’58”97
3位 西方大珠(神大) 9’03”94
9位 酒井亮太(政1) 9’12”13 ★
14位 町田将光(国2) 9’45”64

【5000m】
<11組>
1位 ワンブア・タイタス(武蔵野学院大) 14’03”45
2位 ダニエル・カイオキ(桜美林大) 14’14”41
3位 天野誠也(自衛隊体育学校) 14’14”98
8位 石川拓慎(現2) 14’24”48

【10000m】
<3組>
1位 イェゴン・ヴィンセント(東国大) 28’24”33
2位 金森寛人(小森コーポレーション) 29’03”03
3位 岡原仁志(法大) 29’09”16
11位 神戸駿介(仏3) 29’28”02 ☆


※★は大学初3000mSC、☆は自己ベスト更新

3000mSC5組には、町田将光と酒井亮太が出場した。酒井が集団の中程、町田は後ろの位置でスタート。1000m地点の障害で早大の吉田匠が飛び出すと集団がばらけると、酒井は全体のやや前方でレースを進める。そのまま残りの距離を走りきり、組9着でゴール。一方町田は、序盤から苦しいレース展開に。終始全体の後ろの方でレースを進め、苦しい表情でのフィニッシュとなった。

5000m11組には石川拓慎が出場。集団の中盤からスタートする。レースは留学生勢が先頭に立ち、数人の日本人が食らいついていく形に。石川は先頭集団とは離れた第2集団の後ろについて、ペースを作る。3000m地点を過ぎると第2集団が解体し、石川もそれに合わせて前へ。その後も一定のペースを保ち、14分24秒48でゴールした。

10000m3組には神戸駿介が出場。序盤は大八木弘明監督から「前に行け!」と檄を飛ばされるが中々前へ出れず、集団の真ん中でペースを作る。そのまま大きな動きがなく進むが、8000mを過ぎると、集団について行けず、離れる形に。単独走を強いられた神戸は苦しい表情ながらも食らいつき、自己ベストでレースを終えた。

◆藤田敦史ヘッドコーチ
「(今日は関東インカレを意識した出場か)はい。酒井は高校時代にA(標準記録)を切っていたが、町田のほうは昨年のチャレンジミートゥ(in熊谷)でも切れなくて。今年は最低でもB標準の9分25秒をラインとして出させた。(今日の走りを見て)酒井は久しぶりの3000mSCだったので、前半リズムに乗り切れていないところがあった。障害のたびに足を合わせるという感じになっていたので少しきついかなと思っていたが、後半はリズムを取り戻していい流れで走れていた。しかし、やはり前半で足を使った分ラストの1000mが伸びきらなくて、自己ベストに届かなかったというところ。タイム的にはまずまずかなと思うが、レース展開が最後の1000mであっという間に置いてかれてしまったので、その部分がやはり課題。(町田選手については)町田はここに来るまでの練習でちぐはぐな部分があった。そこから見直していかないと根本的にだめだいうのがある。今日の成績云々よりはここに至るまでの練習できちっとした形のものができていなかった。それがしっかりできるように、本人にも伝えたが、まずは積み上げる練習をやったうえで試合に向かっていかないといけない。(普段3000mSCを練習するタイミングは)ほとんどなかったのできつかったかなとは思うが、それにしても町田は良くなかった。(関東インカレにどう向かっていくか)酒井に関しては今日走ったことで感覚はある程度戻ったと思う。彼の場合は(自己ベストが)A標準を切っているので、関東インカレに合わせて3000mSCの練習をしていく流れになると思う。町田は今回もB標準すら切れなかったので、今後3000mSCのレースがあるにはあると思うがそれよりも練習ではないかな。今日見ていても地力というか、そういうのが全くないなという感じがした。まずは積み上げる練習をしっかりやって、その上で次はどこを目指すかという形になると思う。(昨年関東インカレの3000mSCで入賞した大西峻平(経2)選手は)今日もエントリーはしていたが、体調不良などもあって練習がそれまで全然積めていなかったので、今回は大会には出さずに練習優先ということで。だが昨日もしっかりいい練習をやれていたので、このあとは関東インカレに向けていく感じになると思う」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)