祝1部昇格!歴代OBからのメッセージ

[硬式野球部](2017年11月14日 16時41分)

5季ぶりの1部昇格を果たした硬式野球部に、OBの方々からお祝いのコメントをいただきました。(コメントは随時更新いたします)

◆長村裕之(昭和56年卒、現オリックス球団本部長)
東都大学野球1部リーグ昇格おめでとうございます。
大倉新監督の下、日頃積み重ねてこられた厳しい鍛錬の成果と、
心よりお祝い申し上げます。
来シーズン、駒澤大学硬式野球部の真価が1部リーグで発揮されることをお祈りいたします。
「東都の雄・駒沢」「常勝・駒沢」の復活を心から期待しています。


◆狐塚賢浩(平成元年卒、現JR北海道硬式野球クラブ監督)
1部昇格おめでとうございます。
就任1年目で1部復帰できた大倉監督の手腕はさすがだと思います。
戦国東都ですので、今後も大変厳しい戦いになると思いますが、益々のご活躍を祈念いたします。


◆若田部健一(平成4年卒、元主将、現ソフトバンクコーチ)
1部リーグ昇格、おめでとうございます。
OBの一人として、大変嬉しく思っています。
大倉監督のもと、新たな駒澤の野球を見せてください。
期待しています。


◆香田誉士史(平成6年卒、現西部ガス監督)
この度は厳しい東都大学リーグ戦の戦いの中で、
1部2部入替戦全勝で昇格されたことおめでとうございます。
OBとして嬉しく思っております。
1部がようやく戻って来たということだと思いますが、
さらに厳しい1部の中での優勝、全日本選手権、明治神宮大会での活躍、優勝を祈念しております。


◆稲場勇樹(平成7年卒、現王子監督)
大倉監督そして野球部の皆さん1部復帰おめでとうございます。
2部での苦しい戦いを乗り越え、入れ替え戦では連勝と5季ぶりの復帰にふさわしい戦いだったと思います。
4年生は最後のシーズンに一丸となり復帰に向けて戦ってくれたと思います。
本当にご苦労様でした。そして1部復帰ありがとうございました。


◆平田大門(平成17年卒、元主将、現JX-ENEOSコーチ)
1部昇格おめでとうございます。
来季は1部優勝、日本一を目指して頑張ってください。
応援しています!


◆海田智行(平成22年卒、現オリックス)
1部昇格おめでとうございます。
戦国東都の誇りを持って、来年1部リーグ戦での活躍を期待しています!


◆白崎浩之(平成25年卒、現DeNA)
1部リーグへの昇格おめでとうございます。
昇格するにあたり、相当努力されたことと思います。
ここから先も厳しい試合が増えると思いますが、
一戦必勝の精神で頑張ってください。


◆戸柱恭孝(平成25年卒、現DeNA)
1部リーグ昇格おめでとうございます。
厳しい試合を勝ち抜けたのは、全員の力が一つになったからだと思います。
レベルの高いリーグで試合ができることを幸せに感じて、
優勝目指して頑張ってください。


◆中谷泰周(平成25年卒、現JR北海道硬式野球クラブ)
1部昇格おめでとうございます。
就任1年目でチームをまとめ上げられた大倉監督と、
それを信じて戦い抜いた選手たちはとても素晴らしいと思います。
駒澤は常に1部で優勝、日本一を目指さないといけない大学だと思っているので、
1部に上がってからが本当の戦いだと思います。
一生懸命協力し合って、日本一を目指して頑張ってください。


◆砂川哲平(平成27年卒、現セガサミー)
1部昇格おめでとうございます。
今でも常に結果を気にしていますし、入替戦も2試合とも見に行きました。
1年生のときから知っているメンバーが4年生になってチームを引っ張っている姿はすごく成長したと思いますし、
1年生のときに経験したことを引き継いでくれている姿は先輩として嬉しく思います。
1部で勝ってこそ本当の力だと思うので、これからも常に気を抜かず、上を目指して頑張ってください。


◆江越大賀(平成27年卒、現阪神)
1部昇格おめでとうございます。
卒業して数年経ちますが、母校の結果はいつも気にしているので、入替戦もライブ中継で見ていました。
来年は神宮で暴れてもらって、リーグ優勝、そして日本一を目指して頑張ってください。


◆巻木周平(平成28年卒、元主将)
おめでとうございます、ではなく、ありがとうございます、という気持ちだけです。
現役のとき、泣くことすらできない悔しさを経験し、
それを当時の2年生たち(現4年生)が嬉し涙に変えてくれました。
今回の昇格はその4年生たちの力と努力が全てだと思います。
本当にありがとうございました。


◆今永昇太(平成28年卒、現DeNA)
1部昇格おめでとうございます。
プロ野球選手となった今でも、2部へ降格した悔しさを持ちながらプレーしています。
駒澤大学は、常勝チームでなければいけないと思っています。
全てのことに対して満足することなく、常に高いレベルを目指して引き続き頑張ってください。

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式野球部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)