• ライトウエルター級のチャンピオンである沖島輝=後楽園ホールで(田上佳雅撮影)

  • 相手をKO寸前まで追い詰めた南出

  • リーグ戦初勝利の藤山

リーグ戦開始!強豪相手に惜敗するも手応え

[ボクシング部]第70回 関東大学ボクシングリーグ戦 1部(2017年05月13日 20時25分)

 第70回関東大学ボクシング1部リーグ対東農大学戦が、5月13日後楽園ホールで行われた。結果は以下の通り。


【LF】●長谷部大地(経1)[WP0-5(27-30 28-29 27-30 27-30 28-29)]○桑原拓

【F】●杉山広将(営2)[WP0-5(27-30 27-30 27-30 28-29 30-27)]○北浦竜馬

【B】○南出仁(商4)[WP0-5(30-27 30-27 30-27 30-27 30-27)]●奥田大輔

【B】●嶋田淳也(歴2)[WP0-5(27-30 28-29 28-29 27-30 27-30)]○中島魅士

【L】●斎藤陽二(営4)[ABD(3R2分50秒)]○齋藤麗王

【L】○藤山義範(経2)[WP3-2(29-28 28-29 29-28 28-29 30-27)]●梅埼蓮

【LW】○沖島輝(経4)[WP4-1(30-26 30-27 30-27 30-27 28-29)]●鈴木雅弘

【W】○沖島翼(法4)[WP4-1(28-29 29-28 29-28 30-27 30-27)]●村上仁

【M】●牧野拓矢(政4)[WP0-4(26-28 26-28 27-27 26-28 26-28)]○黒柳禅

※WPはWin on pointの略
※()内は5人のジャッジによるそれぞれの3Rの合計ポイント
※TKOとはテクニカルノックアウトの略
※ABDとはチーフセコンドによるリングへのタオル投入(棄権)のこと

 関東大学ボクシングリーグ戦が5月13日(土)に始まった。常に1部優勝争いに絡む東農大と対戦。南出が相手をKO寸前に追い込んだほか、国体優勝などの実績を誇る沖島輝が安定した戦いぶりを見せるなど要所要所をものにした。4-4で迎えた最後のミドル級で判定負けを喫しリーグ戦初戦は落としたものの、チームに勢いをもたらす試合展開を見せた。

◆林田太郎コーチ
「(リーグ初戦だったが)初戦の入り方としてはよかったのではないか、と。よくできていた。一体感があって、チーム力が高い状態で挑めたと思う。(今日の結果としては)納得はいかない。一人ひとりが仕事を果たせなかった差が出た。(チームは勢いがついたようだが)東農大は1部の1位2位の常連校なので、それに対して勝ったような試合ができたのは一つのバロメーターになったと思う。(今日良かった選手は)全体的に良かったが、気持ち。打つ気持ちのある選手。打つと隙が生まれるということで、なかなか手が出なかった選手というのは良くなかったが、勝った選手というのは言われたごとに『打て』で打つ、『よけろ』でよける、『頭下げるな』、こういったことを冷静に聞けているし、それを行動に移せて、行動にもっていけるだけの技量をもっていけるという、勝った選手はこれらができていた。(次戦は日大戦だが)今日と同じ。食らいついて、追い回していくこと。選手本人たちも分かったと思うが、同等の戦い方をしているということは負け。プロのタイトルマッチでも、判定がドローだと王座は獲れないのと同じで。同等以上の戦い方をしないといけない。それに加えて、ジャブなどにおける『余裕感』が重要。同等以上にやろうと思ってがむしゃらに前に前に出る、ではなくて前の手で攻めの入り口を作って攻めていく、ということが大切」

◆南出仁
「(リーグ初戦だったが)今日は厳しい戦いになると予想していたが、初戦から良いムードを作れた。(最後のミドル級で)勝ちたかったが結果としてはそんなに悪くないと思う。負けてしまったものの、次につながる良い試合だった。(戦い方について監督・コーチからは)前に突っ込まないように、とけがをしないようにと言われた。力んでしまったところは課題点。(今日の勝ち方はどうか)あと一歩で相手をKOできたので、そこを強化していきたい。(次戦に向けて)とにかくどんな形でも勝ちたい」

◆藤山義範
「(リーグ戦初戦だったが)去年出していただいたにも関わらず、2戦2敗という結果でチームに貢献できなかったのでとりあえず1勝できてよかった。(勝ち方としては)1Rは体の動きが硬くて全然だめで、応援の力で2、3Rでは自分もノってきて結果につながった。チームに勝たせてもらえた。(チームの流れとしては)初戦は落としたものの、応援の雰囲気などでよいムードでできた。(次戦の)日大戦も勝てると思う。チームを勢いづける試合ができた。(日大戦のイメージは)チームのために、まずは1勝することで貢献して、個人でも勝って、チームでも勝つ」


なお、対日大戦は5月27日、後楽園ホールで行われる予定。

■会場へのアクセス
JR中央線・総武線 都営三田線 水道橋駅下車 徒歩1分
大江戸線 春日駅下車 徒歩5分
丸ノ内線・南北線下車 後楽園駅下車 徒歩1分

発行冊子最新号一覧背景(左)

ボクシング部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)