• 男子最高成績を残した大原=和光市総合体育館で(織原祥平撮影)

  • 久保木は4回戦で惜敗した

大原ベスト8ならず、期待は全日本へ

[空手道部]第44回関東学生空手道選手権大会(男子)(2016年05月29日 22時24分)

 第44回関東学生空手道選手権大会が5月29日、和光市総合体育館で行われた。形は2グループに分かれ予選を行い、それぞれの上位4位までの選手が決勝トーナメントに進出する。男子組手は4回戦まで1分30秒6ポイント先取、5・6回戦は2分6ポイント先取、準々決勝より3分8ポイント先取のトーナメント方式。結果は以下の通り(駒大のみ)。

【男子個人戦 形の部】
<予選 敗退>
 中田匠
 掃詰開士
 梅山峻也
 渡邊洋介

【男子個人戦 組手の部】
<五回戦 敗退>
 大原新汰
 小峯仁志
<四回戦 敗退>
 赤城魁
 久保木涼介
<三回戦 敗退>
 鳴島崇人
<二回戦 敗退>
 廣瀬光
 中村礼生
 福嶋源竜
<初戦 敗退>
 太田健士郎
 岡野拓馬
 杉山絹人

男子トーナメントでは、三回戦までに久保木涼介、赤城魁、小峯仁志、大原新汰らが残る。久保木は四回戦、有効を2点を先取し、リードしていたが、タイムアップ直前に相手に追い越され2−3で敗れる。赤城は同じく四回戦に進んだものの、2−5で敗れる。小峯は四回戦まで相手に得点を許さず勝利していたが、五回戦に2点差をつけられ、3−5で敗れた。同じく駒を進めていた大原は五回戦、序盤にリードを許したが、その後1点差まで詰め寄るも最後まで追いつけず試合終了。1−2で敗れベスト8に進出することはできなかった。

◆杉山俊輔監督
「(今日は)もう少し上に上がらなければいけない試合だったので、全然満足いっていない。(足りなかった部分は)一人ひとり課題は違うが、やっぱり気持ちの部分。最後の技で絶対取るんだという執念みたいなものが足りなかったかなと思う。(良かった選手は)女子だったら1年生の杉本。全日本で2位になった選手に1回戦で勝って、実力者に対して良い試合をしていたので良かった。宮崎は判定で負けてしまったが、内容では全然負けていなかった。(男子は)惜しい試合でも勝てないというのは、何が原因かをよく考える必要がある。一本に対する執着心が大事だと思う。(次のリーグ戦に向けて)相手にとって厳しい戦いができるか、嫌な試合ができるかどうかが大事になってくると思う」

◆大原新汰(歴4)
「(今日は)序盤は体が上手く使いずらかったが、後半になって体が使えるようになったのでそれを1回戦から出せるようにしなければいけないのが課題。(決勝トーナメントに進むことができませんでしたが)2年生の頃にベスト8に入っていたので今回、最後の挑戦で上回れなかったので悔しいが、全国大会もチャンスはあるので、今まで以上の結果を出したいなと考えている。(今日の反省点は)足技が決まらなかったので、そこの制度を磨くことと今回、怪我をしてしまったのでディフェンスもしっかりレベルあげて全国大会に挑みたいと思う。(次に向けての目標)まずは、全国大会でベスト4に入ってから、優勝までという過程を組み立てていきたい」

発行冊子最新号一覧背景(左)

空手道部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)