• 同じ高校出身の同期と対戦した廣瀬=ウィンク体育館(姫路市立中央体育館)で(笹井美里撮影)

  • 個人形に出場した梅山(奧野凌河撮影)

廣瀬、惜しくも4回戦敗退...敗因は『気持ちが前に行き過ぎた』

[空手道部](2019年06月30日 20時38分)

第63回全日本学生空手道選手権大会が6月30日、ウィンク体育館(姫路市立中央体育館)で行われた。結果は以下の通り。


【男子個人戦 組手の部】
<4回戦 敗退>
廣瀬光(仏4)

<3回戦 敗退>
佐野直樹(営3)

<2回戦 敗退>
板山流阿(法4)
鈴木舜士(英3)
渡邊龍翔(法2)

<初戦 敗退>
阿部絢志(政2)

【男子個人戦 形の部】
〈予選敗退〉
梅山竣也(商4)


◆廣瀬光
「(今日の調子は)良くもなく、悪くもなく普通だった。(今日の試合展開は)負けた試合は高校の同期が相手だったから、自分の気持ちが前に行きすぎてしまって、最後負けてしまった。そういうところを改善して、一個一個大事にしていきたい。(試合前に話す機会は)なかった。(ベスト16には入れなかったが、今日の結果は)もっと練習して、上を目指していきたい。(昨年度は3位だったが、違いは)試合前から気持ちの面で下がってしまったから前に前に行きたい。(関東学生空手道選手権大会と比べて)気持ちの面では同じだったと思うが、たまたま負けになったので、何が足りないのかここからしっかり見つけて練習に生かしたい。(アジア大学空手道選手権大会では準優勝と調子が上がってきているが)次が最後で4年生になってから一年一年大事にしていきたいと思った。(自身の持ち味は)「前ヘ前へ」という気持ちで試合に臨んでいること。(この大会に向けてどのような練習をしてきたか)途中でけがをしてしまって、練習をする機会が減ってしまったからそれが敗因だと思う。足の指をけがした分練習ができなかった。(次の試合は)関東団体だと思うが、一個一個大事にやっていきたい。(今年の最終的な目標は)いい形で終われるようにチーム一丸となって頑張っていきたい」

発行冊子最新号一覧背景(左)

空手道部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)