• 結果発表の様子=国営昭和記念公園で(中村将基撮影)

  • 應援指導部ブルーペガサスとともに笑顔で校歌を歌うチーム一同(元井可奈子撮影)

2.5冠へ前進!ぶっちぎりの予選会首位突破!~あの悔しさを忘れない~vol.1

[陸上競技部](2018年10月13日 18時10分)

第95回箱根駅伝予選会が10月13日、立川駐屯地から立川市街地を通って、国営昭和記念公園に入る21.0975kmで行われた。結果は以下の通り。

★総合成績(予選通過校のみ)
1位 駒大   10:29:58
2位 順大   10:36:58
3位 神大   10:39:16
4位 国学大  10:40:38
5位 明大    10:41:06
6位 東国大  10:41:15
7位 大東大  10:46:39
8位 中大    10:42:55
9位 国士大  10:45:39
10位 山学大  10:46:27
11位 上武大  10:46:51


★個人成績(上位3名と駒大のみ)
1位 レダマ・キサイサ(桜美林大) 1:00:44
2位 塩尻和也(順天堂大) 1:01:22
3位 ライモイ・ヴィンセント(国士舘大) 1:01:49

5位 片西景(地4) 1:01:50☆
11位 伊勢翔吾(現4) 1:02:38☆
13位 山下一貴(市3) 1:02:46☆
17位 中村大聖(政3) 1:03:10
19位 加藤 淳(経2) 1:03:12☆
21位 伊東颯汰(営2) 1:03:13☆
22位 中村大成(法3) 1:03:15☆
23位 下 史典(経4) 1:03:15
26位 堀合大輔(国4) 1:03:17☆
29位 神戸駿介(仏2) 1:03:22☆
33位 白頭徹也(市4) 1:03:30☆
60位 小原拓未(政2) 1:03:57

*☆は自己ベスト更新

<立川駐屯地>
大きな横並びの集団でスタート。
序盤、留学生率いる第1集団に、片西、加藤、山下が位置。第2集団は集団走で、下、堀合ら駒大が引っ張る形でレースを展開。
5km地点では、第1集団の中に伊勢も加わる。その後、桜美林大・キサイサが仕掛けると、集団が分かれ始め、2位集団には片西、伊勢が残った。

<立川市街地>
市街地に入ると、その集団が2つに分かれ、片西のいる2位集団は、伊勢がつく3位集団をどんどん引き離した。一方後ろの集団走組は、落ちる人はいず、快調にレースを進めた。

<国営昭和記念公園>
公園内に入ると、いくつかあった集団がばらける。そのままレースは進み、トップと約1分差で片西がゴール。その後、伊勢、山下と続き、そのすぐ後には中村(大聖)を筆頭に集団走組がフィニッシュ。上位10人が総合30位以内入りを達成し、12人全員が設定タイムの64分切りを果たす好成績を収めた。総合順位は、2位と7分差の1位で、53年連続53回目の箱根駅伝本戦出場権を獲得した。

明日は「2.5冠へ前進!ぶっちぎりの予選会首位突破!~あの悔しさを忘れない~vol.2」監督と4年生のコメントを掲載予定です。

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)