• 白鴎大足利高(栃木)出身の島津綾=道環寮で(奥田葉月撮影)

  • 星稜高(石川)出身の新矢連士

  • 市立船橋高(千葉)出身の佃康平

  • 健大高崎高(群馬)出身の蓮沼直希

陸上部新入生紹介2018 vol.2

[陸上競技部](2018年04月28日 17時45分)

 「原点と氣〜勝利への貪欲さ〜」のスローガンの下、スタートを切った陸上部。
新たなフィールドに立った12人の新入生に、駒澤大学陸上競技部に入部したいきさつや、駅伝に対する思いなどを伺った。(聞き手・石曽根和花、曽根優衣奈、元井可奈子、奥野凌河)

3回に渡ってお届けする『陸上部新入生特集』。第2回目は、島津綾選手・新矢連士選手・佃康平選手・蓮沼直希選手をご紹介します。なお、今回は事前に選手の皆さんに答えていただいたアンケート(「質問」―回答 形式の部分)を基に、インタビューしています。(本取材は3月中旬に行われました。)



「粘り強い走りをし、自分の名前を全国に広められるくらいに強くなる」
            ―島津綾選手
「駒澤大学を選んだきっかけは」―小学生からの夢である箱根駅伝に出場し、優勝するため。心から強くなるため
「目標とする人は」―宇賀地強さん(10年卒、現・コニカミノルタ)、油布郁人さん(14年卒、現・富士通)

―チームの印象は
上下関係が厳しくて、メリハリがあるというか。すごいなあと思います。
―監督、コーチの印象は
こわいイメージが大きかったのですが、非常に熱心な方で練習をしっかり見てくださり、陸上が大好きなのだなあという印象です。憧れです。
―ライバルは
同学年のチームメイト全員です。
―座右の銘(「敬天愛人」)を選んだ理由は
天を敬って人を愛す。中学生の頃から心がけている言葉です。
―持ち味は
ラストスパートです。
―今後の目標は
新入生として謙虚さを忘れずに、先輩たちに負けない強い気持ちを持って練習に励んでいきたいです。
―大学での意気込みは
箱根駅伝で活躍することが小学生からの夢なので、練習もそうですが、一つひとつの記録会や大会などを大切に上を目指していきたいです。

◆島津綾(しまづ・りょう)
法学部政治学科
出身校:白鴎大足利高(栃木県)
5000m自己ベスト:14分39秒80
座右の銘:「敬天愛人」



「優勝、勝ちにこだわっていく」
         ―新矢連士選手
「駒澤大学を選んだきっかけは」 ―テレビで見たときにとても楽しそうに走っていたから
「目標とする人は」 ―工藤有生選手(18年卒、現・コニカミノルタ)

―チームの印象は
いい意味での上下関係がしっかりしていました。また、勝つための意識がありました。
―監督・コーチの印象は
テレビ塔で拝見していたときよりも優しく、接しやすかったです。
―ライバルは
チームの同級生。
―座右の銘(「全走力」)を選んだ理由は
陸上をしているので、走るということは(常に)頭の中にあって、勉強にしても私生活にしても何事も走り抜けていきたいという言葉です。高2のときに、担任の先生から自分のひとことを考えるように言われて考えてみました。
―自分の持ち味は
長距離の中ではスピードがある方だと思うので、ラストスパート。
―今後の目標は
1年生のうちに同級生と肩を並べられるようになり、2年生からは試合に出場して活躍したいです。
―大学での意気込みは
大学で陸上をする大元にあるのは「駅伝で勝つ」ことがあるので、優勝、勝ちにこだわっていきます。自分もそこに絡めていたらなお良いです。

◆新矢連士(しんや・れんし)
経営学部市場戦略学科
出身校:学校法人稲置学園金沢星稜高校(石川)
5000m自己ベスト:15分02秒44
座右の銘:「全走力」



「1年目から駅伝メンバーに入る」
         ―佃康平選手
「駒澤大学を選んだきっかけは」ー箱根駅伝で毎年出場している大きな大会の常連校なので、こういう大学で自分の走りを試してみたいと思ったから
「目標としている選手は」ー伊勢翔吾選手(現4)

―チームの印象は
高校から大学になり、後輩の先輩への気遣いがよくできていて、良い関係だなと思いました。
―監督・コーチの印象
陸上熱心な方達で、自分たち選手の未来をしっかり見据えて教えてくれる印象でした。
―ライバルは
石川拓慎(現1)です。同郷(千葉県)で、大会でも見かけたりしていたので意識しています。
―持ち味は
スピードはないですが、粘りと持久力でリズムよく走れるところだと思います。
―今後の目標は
練習を継続して、1年目から駅伝メンバーに入ることです。
―大学での意気込みは
実績などはないが、座右の銘通り泥臭く練習を継続して、駅伝メンバーに入りたいと思っています。

◆佃康平(つくだ・こうへい)
法学部法律学科フレックスA
出身校:市立船橋高校(千葉)
5000m自己ベスト :14分39秒66
座右の銘:「継続は力なり」



「箱根で区間賞を取りたいです」
       ―蓮沼直希選手
「駒澤大学を選んだきっかけは」―陸上競技に集中できると思ったから
「目標とする人は」―先輩方全員

―チームの印象は
厳しいと感じました。
―監督、コーチの印象は
熱心な方々という印象です。
―ライバルは
特にいないです。
―座右の銘は
座右の銘は特にないです。
―持ち味は
スピード勝負は絶対勝てる自信があるので、ラストスパートだと思います。
―今後の目標は
1500mで3分50秒、5000mでは14分20秒を切ることです。怪我をしないように筋力トレーニングもやっていきたいと思います。
―大学での意気込みは
4年間のうちに箱根で区間賞を取りたいです。この1年で5000mのタイムで学年1番になれるよう頑張っていきたいです。

◆蓮沼直希(はすぬま・なおき)
経営学部経営学科
出身校:健大高崎高校(群馬)
5000m自己ベスト:14分39秒96


※第3回目は、花崎悠紀選手・久綱一輝選手・町田将光選手・宮崎颯選手をご紹介します。
ぜひご覧ください!

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)