• 初の関東インカレで攻めの走りを見せた湯浅=日産スタジアムで(曽根彩花撮影)

  • 冷静な走りで準決勝進出を決めた杉山=日産スタジアムで(伊藤大志撮影)

湯浅、杉山 800mで準決勝進出

[陸上競技部]第95回関東学生陸上競技対校選手権大会(2016年05月21日 13時51分)

第95回関東学生陸上競技対校選手権大会3日目が5月21日、日産スタジアムで行われた。結果は以下の通り(上位3名と駒大のみ)。
※駒大は2部校

〈800m予選〉
【1組】
1位 棗 大吾 (青学大) 1:54.75
2位 古谷 樹仁 (東農大) 1:54.83
3位 中澤 太一 (群大) 1:55.21
5位 湯浅 慎也 (国1) 1:55.25

【4組】
1位 軽部 智 (東大) 1:54.69
2位 村瀬 雅人(東農大) 1:54.74
3位 木村 友哉 (聖学院大) 1:54.91
5位 杉山 秀樹 (経2) 1:54.98

800m予選には湯浅、杉山の2名が出場。初めての関東インカレとなる湯浅は終始攻めの姿勢を見せ、5位でレースを終えた。杉山はスタートから3位をキープ。残り10メートルで後続の2人に抜かれ、5位でゴール。湯浅、杉山ともに、明日の準決勝へと駒を進めた。

◆湯浅慎也
「(今日の調子は)最近好調で、維持できていた。(レース展開は)残り300mからと思っていた。(300mから仕掛けたが)1年生なので強気でいった。ラスト100は集団に吸収されてしまった。(監督からは)楽しんでいけと言われていたが、自分としては最低限準決勝に進出したかったのでよかった。(準決勝は)今日のように1年生らしく強気でいきたい」

◆杉山秀樹
「(今日の調子は)まずまずよかった。(レース展開は)あまり前後にポジションを変えないことを心掛けた。3位以内に入るつもりで、とにかく着順を意識していた。(準決勝は)しっかりコンディションを整えて、決勝に駒を進められるような走りをしたい」


発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)