• 予選で敗退し、浮かない表情の高田=堺市大浜公園相撲場で(齊藤太一撮影)

  • 奮戦むなしく、木崎(日大・左)に敗れる小池=堺市大浜公園相撲場で(上瀧悠平撮影)

高田、まさかの予選敗退…

[相撲部]第85回全国学生相撲選手権大会(2007年11月03日 19時48分)

第85回全国学生相撲選手権大会・個人戦が11月3日、堺市大浜公園相撲場で行われた。結果は以下の通り。

個人予選トーナメント
1回戦
Aブロック 清藤竜太(経1)○(寄り切り)長尾(龍谷大)
       刀川翔(営3)●(不戦敗)澤田(中大)
Bブロック 小池和春(営4)○(寄り切り)望月(立大)
       二瓶顕人(商4)○(寄り切り)川崎(京大)
Cブロック 宮城全希(経4)○(押し出し)松浦(大歯大)
Dブロック 斉藤和憲(経4)●(押し出し)平良(法大)
2回戦
Aブロック 清藤●(突き出し)中村(日体大)
Bブロック 小池●(押し出し)木崎(日大)
       二瓶●(切り返し)川上(立命大)
Cブロック 中村直樹(経2)○(寄り切り)薄(東農大)
       宮城○(上手投げ)森吉(同大)
Dブロック 高田在秀(法4)○(寄り切り)早川(明大)
3回戦
Cブロック 中村●(引き落し)稲田(東洋大)
       宮城●(送り出し)松永(日体大)
Dブロック 高田●(突き出し)荒木関(東洋大)

優勝  榎本(東洋大)
準優勝 杉山(近大)  
3位   富田(中大)、須麻(東洋大)

 不満の残る結果となった。出場8選手中、3選手が予選3回戦まで駒を進めるが、エースの高田在秀が敗れるなどで決勝トーナメント進出者は0だった。上位大の選手との試合では、押し負ける選手が多く実力が露呈した。小池、斉藤は大学相撲最後の試合となった。明日の団体戦では、チームが一枚岩となっての躍進が望まれる。

◆高田在秀主将
「悔いが残る。自分の力を出しきれなかった。(今日、明日は)最後の試合なので、いつもより気合いを入れたつもりだった。明日は今日以上に、力を入れて頑張ります」

◆宮城全希
「明日頑張ります。みんないい相撲だったと思う。高田は勝ってくれると思っていたけど、中々うまくはいかないもの。運が味方しないと。明日は優勝するつもりでやります」

◆小池和春
「悔しい。けど、同じ東洋大牛久高校をでたあいつ(東洋大・榎本)の活躍は、自分のことのように嬉しい。みんなに支えられた。自分は後輩を育てるように指導してきた。この大学相撲での経験を、就職後も活かしていきたい」

◆斉藤和憲
「最悪です。(敗因は)稽古が足りなかったこと。(4年間振り返ってみて)長くて短かったです。明日は結果が全てなので出る選手には勝って欲しいと思います」

なお、第85回全国学生相撲選手権大会・団体戦は明日11月4日に堺市大浜公園相撲場で行われる。
■会場アクセス
私鉄・南海本線「堺」駅から徒歩約15分。







発行冊子最新号一覧背景(左)

相撲部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)