• マネージャーとしてチームを支える(左から)清、坂谷、高杢(中川達夫撮影)

  • ユニフォームの補修をする坂谷(右)=ダイドードリンコアイスアリーナで

  • 試合中ビデオを撮影する高杢

マネージャー対談〈前編〉「考えて行動する力がついた」

[アイススケート部](2017年11月23日 14時51分)

 昨年秩父宮杯Bグループ、関東大学リーグ2部を初制覇し、今季もリーグ戦で首位に立つアイススケート部。チームを陰から支えるマネージャーの坂谷実季(G4)、高杢桃月(法3)、清みなみ(営2)の3人にマネージャー業やチームについてお話を伺った。(聞き手:中川達夫、田上佳雅)

―入部のきっかけは
坂谷(以下坂):家族がアイスホッケー好きで、元々アイスホッケーとは縁がありました。大学に入って、授業が一緒になったマネージャーの先輩に誘われて入りました。
高杢(以下高):親しい先輩がアイスホッケーをしていました。高校時代バスケ部のマネージャーをしていて、大学でもマネージャーを続けたいと思っていたときに、サークルフェスティバルで誘われて、練習試合を見に行ったらかっこよかったので入りました。
清:私はアイスホッケーの存在を知らなかったんですけど、新歓試合に行って初めてアイスホッケーを見たらかっこよかったので一目惚れしました。

—マネージャーの仕事は
坂:ドリンクの準備や、備品の用意、あとは事務的なことも。試合のときはビデオを撮ったり、チケットを販売したり、ベンチワークだったり。他の部活とさほど変わらないと思います。

—大変なことは
坂:日々の活動の中で出てくる問題に臨機応変に対処していくのが大変です。そのときの状況に合わせて考えて、キャプテンと連携をとってやらないといけない。氷上練習は深夜なので、もちろん肉体的な大変さもありますが、それよりも精神的な部分ですね。でも、それを嫌だと思ったことはなくて、逆に自分が考えられる人間になったかなと思います。
高:私は部活動の中で落ち込むことがすごく多くて。「ああすればよかった」「こうするべきだったな」というのを後から考えて、悶々とするというか。先輩の正しい対処の仕方を見て「次はこうしよう」と学ぶと同時に、「私が動けなくて先輩にやらせてしまったな」と思います。私の場合は先輩もいて後輩もいる立場なので、後輩にもちゃんとした背中を見せてあげたいという気持ちもあります。
坂:確かに。それや!
一同:(笑)
坂:思い出しました。大変だったのは、それです。後輩に教えることです(笑)。
高:上になればなるほど大変だなとすごく感じます。
坂:1年生のとき、4年生は絶対楽だと思ってた(笑)。
高:私も思っていましたけど、実際は考えることも多くて。
清:今年初めて後輩ができて、どう接すればいいのか戸惑いました。教えなきゃいけないけど、私もまだ下級生で。
坂:どこの部活にもあるんじゃないですか?学年の悩みというか。
清:でも1年生のときよりは先輩たちが見ていた景色が見えてきました。先輩たちの苦労もわかってきて、よりあこがれが増えて。自分のなりたいマネージャー像が鮮明になってきました。

—お互いのことは
坂:私は来年以降任せられると思っています。自分のことを1番見てきたのは(高杢)桃月なので。教えることは教えてきたし、2年生のときから、4年生の苦労まで(自分のことを)見てきたので。自信はまだないと思いますけど、全然心配することはないんじゃないかと思います。
高:(坂谷)実季さんはそう言ってくださるんですよ(笑)。でも、自分に自信が伴っていないのでなんとも……。頑張ります。
清:実季さんは偉大な先輩すぎて、引退しちゃったらどうしようと不安があった。でも今は来年桃月さんを全力で支えたいと思っています。

—やっていてよかったと感じることは
清:選手が求めているものを先に用意しておいて、「なんでわかったの!?」と言われるときが1番嬉しいです。
高:試合に勝って喜んでいる姿をみるのが1番幸せになります。大学に入ってまでわざわざ体育会を選んで入ってきて、いろいろなことを経験して、辛いこともあった中で、勝って笑顔なのを見ると「マネージャーをしていてよかった」と思います。
坂:私も試合で勝ったときに「やっていてよかった」と思います。

—マネージャー同士の仲は
一同:めっちゃいいです。
坂:各々仲いいです。3人集まればもっと仲いいです。
高:そうですね。
清:幸せですね、本当に。
坂:練習後によく飲みに行ったりします。
高:引退が寂しいです。
坂:……と言ってくれます(笑)。
清:引退させたくない(笑)。
坂:させてくれー!
一同:(笑)

-3人ともマネージャーの同期がいないが
坂:マジきついっすよね……。頼れる相手となると同期になっちゃう。何度も女子の同期が欲しいなと思いましたけど、今はもし同期がいたら自分がここまで動けてなかったんじゃないかなと思っています。1人だったこともラッキーだったと思いますし、自分が成長できる機会だったのかなと思います。下の2人も(同期が自分)1人だけで思いも一緒なのはわかりますし。逆に1年生は6人いるので、6人で協力して絶対いい代にしてほしいですね。
高:1年生6人を見ていると、人数がいるからこそいいところもあれば、心配な部分もあります。私ももし同期がいたら「自分がやらなくてもいいや」と思ってしまったかもしれない。「自分がやらなきゃ」という思いを持てたということは、自分にとっていいことだったなと思います。大学に入ってから強くなりました。
坂:私も!
高:精神的に自立して、冷静に物事を考えられるようになったので、部活動に入ってよかったなとすごく思っています。
清:私も同期のマネージャーが欲しいなと思っていた時期もあったんですけど、自分1人だからこそ1人で考えて行動する力がついたと思いますし、1人でもやっていかなきゃと思えたので。その分わからないことは全部先輩たちに聞くんですが、先輩たちはすごく丁寧に答えてくれて、先輩マネージャーとの距離も縮まったと思います。
高:いい危機感だよね。こういう形でよかった。
清:なるべくしてなった1人なのかなと思います。
高:そうそう。
清:マネージャーの先輩たちは安心感があるので、そんな孤独に感じたことはないです。
高:そうですね。
坂:すごい包容力なんで、ウチら(笑)。
一同:(笑)

—今年は1年生が6人入り、ブログなども充実しているが
高:頑張っているなと思います。
坂:ファンを作りたいとずっと思っていて。そのために、広報担当のOBの方と力を合わせてやってきました。その点やっぱり若い子はSNSに強いなって。
一同:(爆笑)
坂:マメな更新とかすごいなって。
高:試行錯誤しながら頑張ってくれてるなと思います。
坂:負担にならないように続けていってほしいです。卒業してからも見ます。
清:本当かな?(笑)
一同:(笑)

(後編に続く)

◆坂谷 実季(さかたに みき)
GMS学部GM学科4年。高校時代は硬式テニス部。

◆高杢 桃月(たかもく とき)
法学部法律学科3年。高校時代はバスケ部のマネージャー。

◆清 みなみ(せい みなみ)
経営学部経営学科2年。高校時代はソフトテニス部。

発行冊子最新号一覧背景(左)

アイススケート部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)