• 選手に向け「とにかく楽しんで走ってほしい」という青山主務=駒澤大学玉川キャンパスで(篠原由之撮影)

【紙面連動企画】主務青山「ゴールは皆で」 ~主務青山尚大インタビュー~

[陸上競技部](2020年12月30日 17時35分)

青山尚大(地4)は3年次から主務を務め、選手たちを第一線で支えてきた存在だ。青山に今年度のチームについてや、箱根路への思いを聞いた。(聞き手:菅野真由子)
※インタビュー内容は12月上旬当時


―4年生になってからの監督・主将との関係性は
自分は監督とよく話す。ふだんの生活も含めて、「勝つためには」みたいな話をよくする。3年生の頃はびびっていたが、色々と全学年のことを含めて、1年生のことも色々と考えて下級生からも力のある選手が出てきたので。そういう部分では監督との連携や選手との連携はうまくいっていると思う。

―コロナ禍で、例年より大変だったことは
4月からグラウンドが使えず、個々で練習していた。試合もなく、駅伝もあるか分からないなかで、一人ひとりマスクして走っているのはきつかったと思う。自分は尊敬している。その中でも多少の弱音はあったけど「絶対やるんだ」という気持ちを持って走り続けてくれたので、その結果がいま生きているかなと思う、みんなすごいなと思う。

―今年はチーム内のルールを主将中心に変えたと聞くが
1年生はどうしても上下関係もあるので多少やらなければいけない仕事もあると思うが、神戸(駿介・仏4)と色々話して、1年生にとっても「寮内も過ごしやすい、練習もやりやすい」雰囲気を作るためにやってきた。最低限のことはやってもらっているが、それ以外の余計なことは捨てて競技に集中しようということでやってきたので、チーム全体通してやれたのが良かったなと思っている。個人的には1年生と話す方かなとは思っていて、1年生も色々思っていることは結構あると思うので、練習前後やお風呂の時間とかも自分は1年生と積極的に話している。「いいんじゃない?」とか「こうしていこう」とか。1年生も大変だと思うので、色々話してあげられているかなと。そういう部分で良いタイムで走れている要因の一つになれていたらと思う。

―夏号の際のアンケートで「1年生から力を発揮できるチームだと感じている」と言っていたが、そのとおりになったいま、1年生の勢いは主務から見てどうか
うれしい。高校の頃から強かった選手たちではあるが、その中でも一人ひとりが「やるんだ」という気持ちをもってくれている。これはやはり田澤(廉・経2)の影響が大きいなと思っていて、1年生(の頃)から田澤が活躍してくれたのでそれを見て(鈴木)芽吹(営1)、花尾恭輔(商1)、赤津勇進(現1)、白鳥哲汰(経1)あたりが「田澤さんが1年生のときこれだけ走ったから自分たちも行けるんじゃないか」って感じで、田澤が道を切り開いてくれたので。1年生って仕事も大変だし、自分の代では加藤(淳・済4)とか強かったが1年生のときはあまり走れなかったりもあったので。そういう意味では田澤の影響が大きいかなと思う。

―約3年間選手を支えてきたが、振り返って
長かったなと感じる時もあったが、今はやっていてよかったなと思っている。センスがあれば箱根を走れたらよかったけど、ないので(笑)。こうやってマネジャーとしていろんな人と関わって、監督とも関われたのは本当に一生に一度の最高の経験をさせていただいて、やって良かったなと思う。

―箱根に向けていまのチームの雰囲気は
すごく良いと思う。下級生が結果を残してくれるので、良い雰囲気と思う。レースもしっかりしているので、間違いなく去年より良い戦いができるのではないかと思う。

―主務として2回箱根を経験することは珍しいと思う。昨年をふまえて意気込みは
運営管理車がすごく良い経験だなと思っている。選手の後ろを200㌔監督と行ける。監督から(選手に)的確にアドバイスしてもらえるように、いろんな情報を学生やスタッフから得て、選手の力になる声掛けになるように。20大学のうち監督が一番応援していると思うが、より選手に届くように、運営管理車から声が響くように、自分は監督に指示したいなと思う。

―選手へのメッセージ
本当に楽しんで走ってください!箱根駅伝、観客はいないと思うが、やはりこの経験はなかなかできないと思うので、とにかく楽しんで走ってほしいなと思う。そこに結果がついてくれば、よりうれしいなと思う。あとは自分が全日本で良い思いさせていただいたので、ゴールは皆で味わいたい、というのを伝えたい。


☆こちらのインタビューは、第98号(箱根号)でも特集しております!
紙面では主務の仕事の話や、全日本駅伝で優勝した際のエピソードを掲載しております。ぜひ併せてご覧ください!

※今回の箱根駅伝は、現地での応援・観戦を控えるよう呼びかけられております。そのため例年行っていた沿道での紙面配布は行いません。何卒ご了承いただけますと幸いです。
皆様も現地に行かない方法での応援をお願いいたします。

◇関連情報

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)