• 主将、そしてエースとしての活躍が期待される松田尚樹(田上佳雅撮影)

  • 副主将の島村直道「後輩たちが何でも相談しやすいような存在になりたい」

  • 副主将の渡部大輝「鈴木さん(現コーチ)と村上さん(17年卒)をミックスしたような副主将に」

  • 合宿で指揮を執る松田

卓球部春合宿‘17 Vol.1~リーグ戦直前 主将、副主将インタビュー!

[卓球部](2017年03月30日 10時37分)

3月26日~3月31日の日程で、静岡県島田市で春合宿を行っている卓球部。今春3季ぶりとなる1部リーグでの戦いを見据え、4月より最上級生となる新4年生はどのような思いでいるのか。今回は、チームを引っ張る松田尚樹(営3)主将、島村直道(経3)、渡部大輝(法3)副主将の3人に、リーグ戦直前の心境などを語ってもらった。


ー4月に最上級生となるが、気持ちの面での変化は?

松田尚樹「3年生のときは自分主体で考えていたが、今年はチームを客観的に見ないといけないので、視野が広がったと思う」

渡部大輝「これまでは先輩に引っ張ってもらっていて自分のことだけを考えてやっていれば良かったが、松田が見ることができないところを探して、後輩に指摘できるようになった」

島村直道「チーム全体を見て、士気が下がっていないかをよく気に掛けるようになった」


ー前主将の染谷凌平(17年卒)さんから、教わったことは?

松田「基本的に分からないことは相談してアドバイスを聞いていた。渡部も島村もいるので一人で悩み事は抱え込まないようにと言われた」


ー現在のチームの雰囲気は?

松田「良いと思う。しかし、1部という厳しい舞台で戦うという危機感はまだ足りないのかなと思う。これからリーグ戦が近づくにつれて良くなっていくとは思う。リーグ戦に出るメンバーとは目標に向かって真っすぐやっていける環境を整えている」

渡部「自分も2年のときに1部リーグを経験しているし、他にも経験した人はいるが、必ずしも今回は勝てるという相手はいないので、危機感は持っている」


ー理想のチームは?

松田「魅力あるチームにしたい。個性的な人が多いので、その部分を大切にすればそれがチームが強くなっていくことにつながると思う」

島村「個人個人が目標設定をして、その目標のために努力すれば自ずとチームは強くなると思う」

渡部「今も十分良いチームなので、この状態を続けていけたらいいなと思う」


ー新入生に期待することは?

松田「新入生は、目標に向かって勢いを与えてくれる存在だと実感している。しかし、大学は誘惑も多く違う道に逸れてしまうこともあるので、しっかり目標を見据えて頑張ってほしい」

島村「自分の中でしっかりとした軸をもって、それをぶらさずにやり切ってほしい」


ー主将、副主将としての目標は?

松田「僕は基本的に強制的にやらせるのは嫌いで、主体的に動くチームにしたいと思っている。自分がみんなの見本になれるような主将でありたい」

渡部「以前副主将をやられていた鈴木大地さん(現卓球部コーチ)や村上雄一朗さん(27年卒)の二人を尊敬しているので、その二人をミックスしたような副主将になりたい」

島村「自分は後輩たちと同じ立場に立って、後輩たちが何でも相談しやすいような存在になりたい」


ー副主将の二人からみて、主将の良いところは?

渡部「練習にストイックなところはすごいと思う。その姿を見て、後輩もやる気になると思う」

島村「練習の時以外でも、チームのことを考えているのはすごい」


ー主将から副主将の二人をみて、良いところは?

松田「自分が気付かない部分を気付いてくれるのはありがたい。また、自分の考えをしっかり持っていて、それを言ってくれるのはうれしい。自分は多くは言わずに姿を見せるタイプなので、二人のおかげで二人三脚で上手くやれている」


ー今年のチームの目標は?

松田「1部Aクラス以上(全8チーム中4位以上)は今年度中には達成したいと思う。最低でも1部に残れるように準備することが勝ちにつながると思うので、それは全員で頑張っていきたい」


ー個人の目標は?

松田「1年半ぶりの1部でリベンジしたいと思っているので、勝ち越しを目標にしている。2部であれば勝って当たり前だったが、1部は厳しい舞台なので、まず自分のプレーがしっかりとできるように頑張りたい」

島村「自分は試合に出場できるかはまだ分からないが、いつ出てもいいように準備をしたい。勝っても負けても次につながるような試合をしたい。出れなくてもチームの士気が上がるようにやれることをしたい」

渡部「自分もまだ出場できるか分からないが、僕は2年の時に1勝もできなくて悔しい思いをしたので、経験者として試合に出るメンバーの精神的なサポートもしたい」


Vol.2では、「期待の新入生インタビュー」を掲載します。ぜひ、ご覧ください!

発行冊子最新号一覧背景(左)

卓球部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)