• 初勝利の瞬間、ラケットを投げ出し喜ぶ佐々木=駒澤大学テニスコートで(土屋春佳撮影)

格上相手に善戦も、経験の差に屈す

[硬式テニス部]関東大学テニスリーグ[男子]2部第2戦・筑波大(2007年09月17日 07時00分)

関東大学テニスリーグ[男子]2部第2戦・筑波大戦が9月16日、駒澤大学テニスコートにて行われた。結果は以下の通り。

トータル 駒大3-6筑波大☆
D1 ●多田・新田0-2野上・石井○
D2 ●石井・原口0-2長谷川・二村○
D3 ○後藤・池田2-0鳥屋・保阪●
S1 ●藤野祐平0-2野村琢磨○
S2 ●池田将太0-2石井幹人○
S3 ●神谷清彦0-2二村貴也○
S4 ○佐々木尚文2-1鳥屋智大●
S5 ○古池季理2-0長谷川純一●
S6 ●松永翔太1-2安井岳大○
(数字はセットカウント)

 D3後藤・池田は、立ち上がりから勢いに乗り相手を圧倒。ダブルス唯一の勝ち星を挙げた。S5古池は序盤、相手のサーブに苦戦しラリーに持ち込めない苦しい展開。しかし、要所で粘りデュースを制する勝負強さを見せ、2セット連続タイブレークの熱戦に勝利した。S6佐々木はフルセットまでもつれこむ大接戦。風の影響もあり、1セット目は失うが、2、3セットと、次第に調子をあげて2-1で逆転勝利した。
 チームは昨年度1部の筑波大相手に3本を取る健闘を見せたが、重要な所で星を落とす経験の差が目につき、開幕2連敗となった。


◆佐々木尚文(法1)
「今日は調子が良く、理想のテニスが出来た。先輩たちの応援は励みになった。初めてのリーグ戦での勝利なのですごく嬉しい。(次も)今日みたいなテニスをしていけたらいい」

◆後藤 亘(法4)
「(池田と)組むのは初めてだが、技術的なものは信用してたし、試合中も自分に任せてくれたし、僕も任せたし、その信頼関係がいい結果を生んだ。次は絶対に負けません」

◆古池季理(営2)
「今日はかなり緊張したが周りの応援に支えられた。接戦の中ではミスをしないように心掛け、精神的を体力でカバーした。これからの試合全てに勝つ事ができるように頑張る」

◆池田将太(法1)
「(ダブルスは)完璧に近い出来。先輩と組むと引っ張ってもらえて自分を出せる。(シングルスは)自滅してしまった。筑波との1ポイントに対する経験の差を感じた」


第2戦は9月19日(水)9時から、駒澤大学テニスコートにて関東学院大学と対戦する。

■会場へのアクセス
東急田園都市線「二子玉川」駅下車後、東急バス砧本村行き乗車、「砧本村」下車、徒歩1分

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式テニス部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)