• インサイドプレーで存在感を見せた髙橋=日本体育大学世田谷キャンパスで(高橋美里撮影)

  • 石井は力強いプレーで駒大の得点源となっている

  • インサイドに切り込む前田

  • リバウンドに喰らいつく渡邉

順大相手に駒大の持ち味発揮し、4連勝!!

[男子バスケットボール部](2017年10月08日 18時58分)

第93回関東大学バスケットボールリーグ戦が10月8日、日本体育大学世田谷キャンパスで行われた。結果は以下の通り。

◯駒大 93-80 順大●
(1P 25-23)
(2P 23-13)
(3P 20-17)
(4P 25-27)

【スターティングメンバー】
PG 前田祥太 (営4)
PF 渡邉健太 (経4)
F 石井峻平 (G4)
F 針生信洋 (営3)
PG 大髙祐哉 (営2)

【スタッツリーダー】
得点 針生信洋 23
石井峻平 18
リバウンド 針生信洋 15
アシスト 大髙祐哉 5

前日の快勝に続き、順大相手に白星をあげた。
試合開始直後からの石井のスリーポイント、針生のインサイドプレーを中心に得点を伸ばした。試合終了の合図と共に澁田怜音のブザービートが炸裂し、2点リードで第1ピリオド終了。
順調に試合が運ばれていたが、第2ピリオド残り5分、駒大のミスが増えだす。しかしコートにいる選手や応援席から「落ち着け」とチーム全体が呼び掛けあい、立て直す。リードを12点まで広げ第2ピリオドを終えた。
第3ピリオド、駒大の持ち味である粘り強いディフェンスで相手のミスを誘う。攻撃面では髙橋史弥のアシストによるファインプレーなど好プレーが多々あった。
15点のリードで迎えた第4ピリオド。開始早々、速攻をたくさん出し駒大の走力を見せつけた。後半控えメンバーが出場しベンチも明るい雰囲気で、見事4連勝を飾った。


※今回は写真、結果のみの掲載となっております。ご了承ください。

発行冊子最新号一覧背景(左)

男子バスケットボール部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)