• 2年ぶりに1区を出走した油布=大手町スタート付近で(町田敦子撮影)

  • 「花の2区」を走った窪田=横浜駅付近で(須部楓撮影)

  • 3区中村から4区湯地へのタスキリレー=平塚中継所で

  • 初の山上りを担当した村山=芦ノ湖ゴール地点で(松本真依撮影)

ふじ色の精鋭たち Vol.1

[陸上競技部]大八木監督、往路選手インタビュー(2013年01月09日 14時40分)

 1月3日、箱根駅伝を終え駒澤大学玉川キャンパスで慰労会が行われた。選手には今大会を振り返るとともに、今後に向けての抱負を語ってもらった。
 なお、往路・復路の2回に分けて掲載します。
 今回はチームを率いた大八木監督と往路を走った選手のコメントを掲載します。

◆大八木弘明監督
「優勝を狙ってただけに3位は悔しい。しかし、色々なアクシデントがあった中での復路優勝で、4年生のメッセージは後輩に伝わったと思う。4年生は最後の花道を飾るんだという気持ちで本当にチームのために頑張った。チーム力を実現してくれたが、まだ課題はある。総合優勝を取らなくては。暗くなるのも当たり前で、駒大は1番しかない。(今後の目標)総合優勝!駒大は3大駅伝の中で優勝を作っていかなければならない」

◆1区・油布郁人(営3)
「(区間で4位だが)区間賞を取れなかったのは悔しい。1番が良かった。粘って前との差を詰めることを意識したが、悪い流を作ってしまった。その分、復路の選手たちの感謝したい。(来年は)優勝経験がないので、先輩方のためにも優勝したいし、つなぐ走りではなく、流れを変える走りにしたいと思う。最上級生として練習でも生活でもチームを引っ張れるような存在になりたい。4年生の涙を忘れず、納得のいく1年にする」

◆2区・窪田 忍(経3)
「(2区を任されて)流れを掴む、または先頭に立つ気でいたが、そんな走りはできなかった。(チームの結果を見て)最後4年生が頑張ってくれて、それを見て意地を見れたと同時に申し訳なさがあり、責任を感じた。(ライバル視していた人は)東洋の設楽くん、同学年だけあって意識した。(自分に点数をつけると)0点。流れも作れなかったし、本当に中途半端なことをしてしまった。前を追わなければならなかったが、できずに情けなく思う」

◆3区・中村匠吾(経2)
「(往路のレースを振り返って)1ヶ月という短い期間の調整で不安もあったが、周りのサポートで乗り切れたので今回の箱根も今のいい状態で走れた。往路では9位という結果に終わったが、復路では、4年生が区間賞を3つ取って勝ち取った復路優勝なので先輩方に感謝している。この4年生を見て来年自分達も頑張っていきたいと思った」

◆4区・湯地俊介(歴3)
「(今日は)チームに迷惑をかけて、4年生に申し訳なかった。自分が甘かったと痛感した。急に言われて、しっかり準備をすることができず、甘いところ、気の緩みがあったと思う。次の1年間で結果として今日の借りを返したい。(今後は)4年生としてチームを作っていく。今年はしっかり出場することだけでなく、昨年の全日本でも、今回の箱根でも貢献できなかった分チームに貢献したい」

◆5区・村山謙太(経2)
「(今日は)今回はコンディションもよくなくて思うような走りができなかった。(監督からは)風が強い中で気持ちが強い選手が結果を残せると言われていた。(自分の走りを点数にすると)40〜50点くらい。流れを変えられなかった、自分の区間でもう少し詰めれたら逆転もあったかなと思う。(次の代に向け)他大は一、二年生で箱根を走ってる人が多い。駒大は自分と中村しかエントリーできていないので、自分達の代をもっと高めていかなきゃなと思う」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)