• 先頭でゴールをした伊勢=内田防災公園で(高橋順平撮影)

  • 表彰後には笑顔を見せた

合宿の成果見せた!伊勢が箱根後初のレースで堂々優勝

[陸上競技部]第39回読売犬山ハーフマラソン(2017年02月26日 22時29分)

第39回読売犬山ハーフマラソンが2月26日愛知県犬山市で行われた。結果は以下の通り。(上位3名のみ)

1位 伊勢翔吾(経2) 1:03:58
2位 小島大明(中央発條) 1:04:09
3位 鈴木柊成(中央発條) 1:04:36

伊勢にとってこのレースは箱根を終えてから初のレースとなった。序盤から先頭集団でレースを展開し、15km付近から先頭は伊勢を含めた3人に絞られる。残り2kmで伊勢がスパートをかけたが後続をあまり離せず。それでも、粘りの走りで最後まで逃げ切りみごと優勝を果たした。

◆伊勢翔吾
「(優勝をしたが調子は)思ったよりも体が動かなかった。それでも2回の合宿をする中で距離を積めていたので最後まで粘れてよかった。今回はタイムよりも勝つことをテーマに置いていた。(レース展開は)ラスト2kmで仕掛けたが、思ったよりも後ろを離すことができず、最後まで気を抜くことはできなかった。(監督からは)しっかり勝ってくるようにと言われていたので勝ててよかった。(箱根を終えてからのチームは)悔しい思いをしたので、強い駒沢に戻れるようにとみんな闘志を燃やしながら練習を行なっている。(これからトラックシーズンへと移行していくが)これまでトラックシーズンでは全く結果を残せていない。今年は最低でも自己ベストを更新できるように頑張って行きたい」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)