• 敗戦し、悔しい表情を見せる木村=筑波大学テニスコートで(山田遼太郎撮影)

  • リーグ戦初出場の1年・坂口

  • 4年生から唯一の出場となった池田(河田奈津子撮影)

ダブルス全敗が響き、黒星スタート

[硬式テニス部]関東大学テニスリーグ【男子】2部第1戦・筑波大戦(2010年09月06日 23時57分)

 関東大学テニスリーグ【男子】2部第1戦・筑波大戦が9月6日、筑波大テニスコートで行われた。結果は以下の通り。

トータル 駒 大3―6筑波大☆
D1 ●游・松根0(1―6、3―6)2二村・石井○
D2 ●池田・木村0(2―6、4―6)2神藤・竹中健○
D3 ●高瀬・寺嶌0(2―6、2―6)2竹中裕・藤田○
S1 ●游シャンホン0(4―6、4―6)2二村貴也○
S2 ●木村翔大1(3―6、6―2、5―7)2竹中健矢○
S3 ●坂口雄大0(5―7、0―6)2石井靖晃○
S4 ○池田将太2(6―1、5―7、6―1)1神藤隆志●
S5 ○岩田拓也2(4―6、6―1、6―1)1藤田祥吾●
S6 ○中野弘基2(1―6、6―1、6―1)1竹中裕基●
※()内数字はゲームカウント、外はセットカウント
D=ダブルス、S=シングルス

 リーグ初戦は昨年、勝利している筑波大。ダブルスから主導権を握りたいところだったが、3組とも簡単に第1セットを落とす。第2セットはD2池田・木村が立ち直り、途中3―3と互角の展開を繰り広げたが、最後は振りきられた。一方、シングルスは先にS4池田、S5岩田、S6中野が勝利。トータルを3勝3敗に戻したが、後続の3人が立て続けに試合を落とし敗北。ダブルスの3連敗が最後まで響き、黒星スタートとなった。

◆江口淳一監督
「ダブルスの0―3が痛かった。出だしを120%でやらなければいけなかったが、初戦ということもあり様子見になってしまった。シングルスは相手の戦力が少し上がったのを考えると、良く頑張ったと思う。(今後は)うちはアウェーに弱い。次もアウェー戦なんで何とかしたい」

◆池田将太(法4)
「(チームの敗戦は)ダブルスで1つも勝てなかったのが1番の原因。(シングルスは)ダブルスで負けた分を取り返そうとパートナー(木村)と話していた。(最後のリーグ戦だが)ダブルスは今日負けてしまったが、シングルスでは全勝して、チームが勝てていったらいいと思う」

◆木村翔大(経3)
「(最後の試合は)すでにチームの勝敗は決まっていたけど、去年のことを考えると1勝がすごく大切だから、何とか勝ちたかった。悔しい。(ダブルスは)アウェーで相手のペースに持っていかれた。自分たちが勝って、1―2にしてれば可能性があったと思う。(次戦は)最初から全力でやりたい。ダブルスで勝ってシングルスに勢いづけて、チームの勝利に貢献したい」

◆坂口雄大(市1)
「(初のリーグ戦は)入る前から緊張していた。団体戦は久しぶりで体が思う様に動かなかった。先輩たちの応援が後押しとなり、ファーストは良いところまで持っていけたが、最終的には力不足。色々と上手くいかなかった。(今後は)黒星が付いてしまったんで、切り替えて今日の経験を生かしてプレーしたい。1つ勝って、チームの勝利に貢献したい」

 なお、第2戦・対上武大は9月10日、9:00から上武大学テニスコートで行われる予定。

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式テニス部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)