出雲駅伝出場選手にインタビュー(後半) ~経験を生かして全日本、箱根へ~

[陸上競技部](2021年10月28日 17時52分)

第33回出雲全日本大学選抜駅伝が10月10日、出雲大社から出雲ドームまでの全6区間45.1kmで行われた。優勝候補とされていた駒大だが、結果は5位。この結果を受けての心境や自身の走りの振り返りなどを、駅伝に出場した選手に聞いた。後半では4区・唐澤拓海選手、5区・赤津勇進選手、6区・田澤廉選手へのインタビューを紹介する。
(駅伝後、別日に電話取材を行った。)


◆4区・唐澤拓海(市2)
――5位という結果について
「自分がブレーキをしてしまった」
――当日の調子は
「良かった。だから6㎞くらい走れると思ったが、難しかった。駅伝をなめていたところがあったと思う」
――予定していたレースプランは
「先頭が見える位置で前半から積極的に行こうと思っていたが、思うように体が動かなかった。それでもしっかりねばろうと思ったが、ねばることもできなかった」
――実際に走ってみて、なにを感じたか
「難しいな、という感じ」
――課題点は
「練習不足。練習すれば走れると思っていた」
――昨年度は三大駅伝にエントリーされても出走はならなかった。今回で初出走となったが
「デビュー戦、悪かった。残り2つ、全日本と箱根があるのでしっかり練習していきたい」
――2年生が多く出走したことについて
「自分を含め4人が走った。それ以外にも強い人がいるので、そういう人のおかげで気を抜かずに練習できていると思う」
――他にも、篠原選手や田澤選手の走りについて
「本来、自分は前半シーズンの結果などから、1区、3区のような重要な区間を走らなければいけない立場だった。自分の不調のせいで1年生に1区を走らせてしまって申し訳ない。田澤さんのおかげで5位になった。3本柱と呼ばれているのにも関わらず、田澤さんに頼った形になってしまい申し訳なかった」
――全日本、箱根に向けて
「昨年度どちらも優勝しているので、優勝を狙う。個人でも、区間賞に近い順位で走りたい」


◆5区・赤津勇進(現2)
――5位という結果について
「自分がアンカーである田澤さんに1秒でも早く渡さなければいけない状況にあった。その役目を果たすことができなかった不甲斐なさ、申し訳なさを第一に感じた」
――自身の当日の調子は
「悪くはなかったが、初めての駅伝ということもあって緊張が人一倍あった」
――レースプラン、力を入れて走ったポイントは
「全体的に力を入れて走ってはいたが、向かい風でなかなか進めなかった気がした」
――初めての三大駅伝を走ってみて
「テレビでも大々的に取り上げられていて、今までに自分が走ってきた場とは違うと感じた」
――実際に走って、自分らしい走りができたか、もしくは課題の残る走りになってしまったか
「6㎞という比較的短い区間だった。そのため、環境が悪かったとはいえ走れなかったのは自分の弱さであり、これを受け止めなければならないと思う」
――今回2年生が多く出走したが
「自分たち2年生の芽吹選手や花尾選手、唐澤選手が個人の記録も出しているため、2年生が駒大を引っ張っていくという意識はあった。ただ、自分はそこに恥じない走りをすべきだったと思った」
――篠原選手や田澤選手の走りについては
「篠原選手は最初の1区という重要な区間でありながら、きちんと自分の役割を果たしていた。田澤選手は、自分が襷を渡した位置から5位まで上げてくれたことに感謝している。同時に、自分が良い順位で渡せなかったことの申し訳なさも感じた」
――他大学の選手で印象に残ったのは
「東国大が、ヴィンセント選手に頼らず自分たちでもやれることを証明した走りは純粋にすごいと感じた」
――全日本や箱根に向けての意気込み、目標
「今回の出雲で印象の悪い走りをしてしまったため、ここから印象回復に向けて練習にはより精力的に取り組んでいきたい。加えて、走りが安定しないことも今回わかったので、その改善をしていきたい」


◆6区・田澤廉(経3)
――チームで5位という結果について
「チームとしては優勝を目標に掲げていた。しかし、ベストメンバーではない状態ではあったが、その中でも優勝しようと決めていたので残念だなと思った。仕方がないと思う部分もある」
――自身の当日の調子は
「良くも悪くもない状態」
――アンカーだったが、レースプランや力を入れて走ったところは
「本来であれば最低でも3位で持ってくると思っていて、東国大の選手にどれだけ差を詰められないかというのが当初のプランであった。しかし、(本番は)自分のところには8番できたので、自分がどれだけ追い越せるかと言うことに切り替えて、最初からある程度のペースでいこうと考えていた」
――実際に走ってみて
「30度越えの気温でレースを走ったことがなかったので、とても暑くてきつかった」
――そのような状況の中で、自分らしい走りができたか、それとも課題の残るレースだったか
「場面で考えると、自分がやれることはやれたのではないかと思うので課題はない」
――1区から5区までのチームメイトの走りについては
「駅伝はどこかの区間でミスをしてしまうと優勝ができなくなってしまう。後半の4区と5区に(その状況が)来てしまって、3位にも絡めないという状態だった。自分以外は初めて出雲を走るメンバーだったので、経験になってくれればいいなと思う」
――主将として迎える初めての三大駅伝だったが
「主将だからという特別感は特にない。いつもと同じだった」
――全日本や箱根に向けた意気込み
「チームとしては、昨年度全日本も箱根も箱根優勝している。出雲で不甲斐ない結果で終わってしまったので、全日本と箱根ではもちろん優勝目指して頑張りたい。個人としては、その中で区間賞を取ることが目標」

◇関連情報

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)