• 今季のチームのトップバッターを務めたのは上野だった=所沢市民体育館で(田上佳雅撮影)

  • チームの盛り立て役となりつつある渡井

  • 主将としての意地を見せた水谷

  • 徐々に安定性が出てきた二木・渡井ペア

秋リーグ初日は「1本の我慢の差」で専大・明大に敗北

[卓球部]平成30年度秋期関東学生卓球リーグ戦1部(2018年09月14日 20時49分)

9月14日、所沢市民体育館で平成30年度秋期関東学生卓球リーグ戦1部、対専大戦、対明大戦が行われた。結果は以下の通り。

駒大0ー4専大☆

●上野亨樹(応3) 0-3 田添○
●渡井丈人士(経1) 1-3 吉田○
●西村星哉 (商1) 1-3 三部○
●二木啓太(経3)・渡井 0-3 及川・郡山○

 秋季リーグ初戦の相手は専大。先鋒上野は消極的なプレーが目立ち、レシーブミスを連発。ストレートで敗れ去った。次鋒渡井は、最初のセットこそ落としたものの、2セット目は相手のオーバーミスにも助けられ、10点連取で奪い取る。しかしここから渡井にもミスが出始め、惜しくも敗北した。第3戦は、接戦となった。西村は積極的に攻めていく卓球で相手と競り合い、第1セットは互いに15点を獲得するまで粘る長丁場となった。しかし、僅かに押し負けこのセットを奪われてしまう。2セット目はデュースに持ち込み奪うが、その後が続かなかった。2セットを連続で奪われ西村が敗北すると、ダブルスも前衛と後衛の入れ替わりの隙を突かれて敗れた。

駒大0-4明大☆

●水谷良紀(営4)1-3 龍崎○
●二木 1-3 酒井○
●西村 0-3 沼村○
●二木・渡井 2-3 龍崎・渡邊○

 この日2戦目の相手の明大は、春季1部リーグ首位の強豪。1番手の水谷は相手のコースを突いた返球に動かされ、2セットを連続で奪われる。しかし3セット目。長い打球のラリーの形を積極的に作り、強打を活用することでデュースを制した。その後も攻めの姿勢を崩さなかったものの、一歩及ばず敗れた。2番手、3番手の二木、西村が敗北すると、4戦目はダブルス。最初のセットを落とし、迎えた2セット目。連続得点でデュースの形へ持ち込むと、相手より先に点を取り、何度もセットポイントにする。相手も粘り、互いに15点を取ったところで得点を重ね、このセットを奪った。その後3セット目を奪われ、4セット目はデュースで取り返すと、命運は5セット目へ。先に5点を奪い、有利な形でコートチェンジを迎えたが、最後の最後で得点を奪えず敗北。1部上位の壁を感じた試合となった。


◆長崎隆志監督
「(チームの状態を春季リーグと比べて)悪くはなかった。けど明大戦最後のダブルス以外は試合が淡泊だった。ラリーを作れなくて苦しかったかな。(今季の目標は)やはり残留はしなければいけない。残留をして次につなげていかないと。前半戦ではさっきのダブルスのように粘り強くいこうと選手には話した。強い選手でも追い込まれれば粘る。技術的に圧倒的に差があるとかそういうことではなくて、我慢ができるか、勝負どころを見極めてアタックできるかということだと思う。学生はどうしても自分たちが攻めていなければ勝てないと思いがち。相手には攻められている感じはするし、自分は攻められていない感じがする。でも実はそんなことはなくて、いわゆる”強い相手”というのは攻められないボールはしっかり我慢して、我慢した後にしっかり攻め込んでくる。一本の我慢が力の差、ということ(リーグ戦の入り方として今日を振り返ると)上位校と対戦した時には『1部でやっていくんだ』という覚悟が必要。そこで選手はハートが折れてしまう。思わしくない結果の時には『調子が良くなかった』。そうではなくて『自分は駒澤の代表なんだ』という思いを持って頑張っていかないと。世界チャンピオンでないかぎり必ずどこかで負けてしまうわけだから、強い選手とあたった時にメンタルから崩れてしまうようではいけない。負けたのはショックだと思うけど、覚悟を持てば最後は生き残れると思う。(この後重要になってくる試合は)当然のことだが、後半の2日間。あと明日は1試合しか無いので少しでも良い試合をして、前半の最後の2試合につなげていきたい」

◆水谷良紀主将
「(今日の調子は)初戦だったので上手くいかないところもあった。最初のセットは特にそう。だが、セットを重ねるごとに良くなっていった。中でもラリー戦に持ち込めたことがよかった。夏を通してよく練習したところだったが、今回はあまり動けなかった。(リーグ戦の初戦だったが、チームの雰囲気は)相手が格上の選手ばかりだったので、良くないというか、盛り上がっていなかった部分が今日はあった。明日から、もっともっとゆっくり課題追求をしていきたい。(今回が自身にとって大学生活最後のリーグ戦になるが)目標はまだ入ったことのない、1部4位や5位。最低でも5位以内には入りたいと思う」

*秋季リーグ2日目、中大戦は9月15日(土)11時から、所沢市民体育館で実施されます。(西武新宿線・新所沢駅東口より徒歩10分)

発行冊子最新号一覧背景(左)

卓球部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)