• 対人戦をストロングポイントとする熱川。これまで何度もピンチを救ってきた(宮下 響撮影)

  • 豊富な運動量でピッチを駆ける。攻守にわたって熱く・激しく戦うハードワーカーだ

  • 強靭な肉体から放たれる正確なキックも持ち味。昨季はFKで3ゴールを記録

Jリーガーとして恩師の元へ!DF熱川徳政、J3沼津入団!!

[サッカー部](2018年01月26日 14時51分)

駒大サッカー部を圧倒的実力で支えてきた不動の左サイドバック・熱川徳政(歴4)。この度、J3で昨シーズン3位と好成績を残したアスルクラロ沼津への加入が決まった。現在、沼津の監督を務めている吉田謙氏(47)は中学時代の監督。恩師の元でJリーガーとしての新たな道を歩む。

本人のコメントは以下の通り。

◆熱川 徳政(歴4)
「(沼津に入団を決めたきっかけは)吉田監督が中学の時に教わっていた監督で、大学3年生の頃から試合を見にきてくれていたり、声をかけてくれた。中学の時の感覚だと、そこ(吉田監督のところ)に行けば自分は絶対に成長できると思っているので、入団を決めた。(チーム始動から数日経つが、チームの印象は)チームのスローガンとして、『全力 前力』というのがあって、練習からどの選手も全力でやっている。すごくいい環境だし、チームとしても個人としても成長できる環境が整っていると思う。(Jリーグのレジェンドである中山雅史選手や伊東輝悦選手が所属しているが、練習を共にしてみての印象は)自分よりも倍ぐらいの年齢なのに現役でやられているのはすごいと思う。自分が経験したことのないことも経験されているので、うまく盗んでいければいいと思う。(吉田謙監督への思いは)自分を評価してくれて入団したわけなので、入った以上はプレーで恩返しをしたい。チームの戦力になって勝利に貢献していきたい。(自身のアピールポイントは)スピードと対人の部分。あとは攻守の運動量をアピールしていきたい。(Jリーガーとしての目標は)チームとして見たら、昨シーズンは3位だった。まずはJ3優勝というところを目指していきたい。今シーズンの個人の目標は、試合に絡んでチームの勝利に貢献するというのが一番の目標としてやっていきたい。(対戦してみたい選手、チームは)正直、あんまりどこのチームにどの選手がいるとかがわからないので(笑)でも、どのチームとやっても、どの相手とやっても、自分が常に優位にいられる実力をつけていければと思う。(開幕に向けて意気込みを)開幕まで1ヶ月半くらいなので、それまでに自分のいいところを前面に出して、開幕からスタメンで出られるように日々励んでいきたい。(応援してくれるファン・サポーターへ一言)ここまで支えてくれた方々には感謝の気持ちしかない。その方々に恩返しをするには、ピッチの中で表現していくしかないと思う。ピッチの上で全力でプレーしている自分を見ていただければいいなと思う」

なお、アスルクラロ沼津の開幕戦は3/11(日)、14:00より江東区夢の島公園陸上競技場にて、FC東京U-23と対戦する。

【プロフィール】
DF 熱川 徳政(あつかわ のりまさ)
文学部 歴史学科 4年
藤枝東高(静岡)→駒澤大学→アスルクラロ沼津

リーグ戦:55試合出場/6ゴール5アシスト
アミノバイタルカップ:7試合出場/1ゴール
(成績は通算)

◇関連情報

発行冊子最新号一覧背景(左)

サッカー部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)