いよいよ明日、全日本大学駅伝スタート!

[陸上競技部](2017年11月04日 19時00分)

秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝対校選手権大会が明日11月5日、愛知県・熱田神宮~三重県・伊勢神宮の8区間106.8kmで行われる。メンバーエントリーは以下の通り。


<メンバーエントリー>
1区14.6km 伊勢翔吾(経3)
2区13.2km 大坪桂一郎(経2)
3区9.5km 物江雄利(地3)
4区14.0km 下史典(経3)
5区11.6km 加藤淳(経1)
6区12.3km 堀合大輔(国3)
7区11.9km 中村大聖(政2)
8区19.7km 山下一貴(市2)
補員 工藤有生(政4)
補員 高本真樹(経4)
補員 片西景(地3)
補員 伊東颯汰(営1)
補員 小原拓未(政1)


昨年は、8人中4人が学生三大駅伝初出場となるフレッシュなメンバーで挑み、現チームの屋台骨となる3年生が新勢力として頭角を現した。優勝回数計12回、全日本最多優勝校として君臨するも、4位に終わった前回大会の悔しさを胸にこの伊勢路に挑む。


三大駅伝開幕戦となる出雲駅伝の後、全日本へ向けて「立て直しをしてエース区間の選手がきっちりと自分の責任を果たす走りをし、3番以内を目指したい」と語った大八木弘明監督。前半重視のオーダーで流れを引き寄せたい。

当日朝、区間変更は認められないが、補員選手から3人までメンバー交代が可能となる。ユニバーシアード銀、金メダリストの工藤、片西をはじめ、体調不良により出雲での出走を逃した主将・高本らが控え、区間エントリーに注目が集まる。

また、故障明けの物江が3区で駅伝の舞台へ復活。4区には出雲駅伝で2区区間3位の好走を見せた下が2年連続でエントリーされた。続く5区には1年生ルーキー・加藤、その後ろには抜群の安定感を誇る堀合が構える。7区、8区ではこれまで三大駅伝出場者の無かった2年生から中村大聖、山下一貴がエントリーを勝ち取った。

つなぎ区間を担う若手の勢いと、エース区間を担う主力の力走とが合わさり、チーム全体が波に乗れるか。藤色の戦士たちの躍動に注目である。


☆お知らせ1
駒大スポーツ陸上班は当日Twitterで速報をお伝え致します!
アカウント名:駒大スポーツ陸上班(@KomaspoTaf)をぜひご覧ください!

☆お知らせ2
当日、伊勢神宮ゴール地点にて限定60部で注目選手紹介、今年のロード&トラックの成績や前回大会のプレイバックを掲載した号外冊子をお配りします!
ぜひお手にとってご覧ください!

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)