• リーグ戦初勝利を果たした佐藤=駒澤大学玉川キャンパスで(元井可奈子撮影)

  • 今リーグ初出場で勝利をおさめた尾形・九島ペア

  • 田村はダブルス、シングルスで実力を見せつけた(写真はシングルス)

【男子】圧勝!入替戦を懸けた最終戦へ…

[硬式テニス部](2017年09月17日 22時26分)

関東学生テニスリーグ【男子】第4戦・東国大戦が9月15日、駒澤大学テニスコートで行われた。結果は以下の通り。


トータル ☆駒大 9-0 東国大

〈ダブルス〉
D1 ○渡邉・蘭 7-6.6-4 保科・高見●
D2 ○田村・佐藤 6-0.6-1 野村・田中●
D3 ○尾形・九島6-4.7-6 内藤・西塚●

〈シングルス〉
S1 ○田村迅 6-0.6-1 保科慶●
S2 ○津島巧 6-1.6-0 内藤琳央●
S3 ○平林輝 6-1.7-5 高見駿●
S4 ○黒澤陸人 6-0.6-2 秋山直輝●
S5 ○塩川幸司朗 6-0.6-3 桐山優也●  
S6 ○牧田昂也 6-7.6-1.6-0 阿部祥太郎●
 


リーグ第1戦目、第2戦目を勝利し、順調かのように見えた中で第3戦は日体大に3-4で惜しくも敗れる。迎えた第4戦は東国大と対戦。ダブルス、シングルスほぼすべての試合を危なげなくストレートで勝利した。現在、リーグ3勝1敗。最終戦で勝利すれば、2部への入替戦が濃厚だ。


◆江口淳一総監督
「(今日は)この間は日体大に負けてしまい、最終戦まで今日・次戦と圧勝しなければ上の入替戦にいけなくなってしまった。そのため日体大戦後、7-2以上のスコアで勝つように話をした。今日実際に9-0をつけることができたので学生たちは良くやってくれた。内容もすごく圧倒していたし、それぞれが自分の仕事をきっちりこなしてくれたと思う。(特に良かった選手は)1年生の佐藤がこの間の日体大戦で負けてしまったものの動きは良かったので、今日も良くやっていた。尾形と九島の4年生が4年生で初めてのリーグ戦だったがD3(ダブルススリー)で少しもたついたがやってくれた。そこ3本が取れたので結果的にシングルに流れができたと思う。(次戦に向けて)絶対に勝つ。圧勝しなければ入替戦で上にいくことはできない。上入替へいって2部に復帰することが目標なので絶対に勝つつもりでやる。台風の予報だがメンタルを切らさないようにしていきたい」


◆田村迅
「(今日の調子は)自分の中ではかなり最高潮でプレーできたと思う。また、チームで9-0と完璧な試合ができたので、一本試合を勝てたと感じた。(今日の試合は)ダブルスは普段一緒に練習していなかった1年生と組んだが、その子がのびのびとやってくれたおかげで楽にゲーム展開できた。シングルスも割と自分の好きなプレースタイルで、やりやすかったというのもあり、良いスコアで勝てたと思う。(対戦相手は)ダブルスの相手に今回が初めての選手がいて緊張していたため、そこを中心に狙った。シングルスは、相手の今までの試合の結果を見ても強い人に競っていたりと油断できなかった。そのため、隙をついて展開できるように、左利きのフォアショットなどを警戒した。(自身の持ち味)全部取るつもりでひたすら走る粘り強さ。そして、もし相手に隙があったらすぐ攻めに変われるメリハリのあるプレースタイル。(次回の試合は)次回はアウェイで行われる上武戦。サーフェイスが主に人工芝のため、簡単にミスしない代わりにラリー数が多くなると思うが、相手より先にミスらず粘り強く戦っていきたい」




※掲載が遅れましたことお詫び申し上げます

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式テニス部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)