• 仲の良い陸上部2年生=志賀高原で(奥田葉月撮影)

  • 2人の「なかむらたいせい」はリラックスした様子でジョギングをこなす(石曽根和花撮影)

  • シドニーマラソンに向けて練習を積む佐々木(石曽根和花撮影)

  • 距離走ではAチームに参加した山下(奥野凌河撮影)

陸上部夏合宿'17 vol.3 〜「Aチームでやっていかなければならない」ー2年生のプライド〜

[陸上競技部](2017年08月25日 20時59分)

8月16日~9月2日の日程で、長野県(野尻湖→志賀高原→野尻湖)にて夏合宿を行っている陸上部。後輩を迎え、2回目の夏合宿となる2年生から山下一貴(市2)、中村大聖(政2)、佐々木聖和(営2)、中村大成(法2)の4名に夏合宿中の今の状態や今後について語ってもらった。



ー上半期のシーズンを振り返って
山下:3月立川ハーフに出場後、故障してしまい2ヵ月くらい練習が積めなかった。7月には士別ハーフに出場したが、体力のなさを痛感したシーズンだった。
中村大聖(以下、大聖):トラックよりも、ハーフを意識したシーズンだった。結果としては納得のいかないもので、この夏合宿はハーフを意識してスタミナをつけることを課題にして練習をしている。
佐々木:4月にかすみがうら10マイルで優勝できたことが自分の中で1番印象に残っている。それ以降のトラックのレースでは、積極的にできた部分もあったが、結果としてついてこなかったと感じている。スタミナやレース展開を見極める力がついてなかったので、この夏合宿でまずはスタミナをつけて秋以降のレースにつなげたい。
中村大成(以下、大成):春先はいい練習ができていて、自分はトラックタイプなのでトラックシーズンに良い結果を残せると思ったが、ケガをしてしまい少し出遅れしまっていた。その中で自己ベストに近いタイムを出せたので、ホクレンに出場することができたが、結果は良くなかった。下半期は結果にこだわってやっていきたい。


ー夏合宿中盤の今の状態は
山下:1年生のときの夏合宿では思うように走れず、Cチームで離れないように何とかやっていた。2年目になって、夏合宿の1週目からAチームに挑戦して離れることもあったが、2週目に入ってAチームの距離走に参加して離れることなく走ることができて去年より確実に成長したと感じている。また、いい練習ができていると感じている。
大聖:2年目の夏合宿はケガ明けからのスタートだった。少しずつ戻してきて2週目に入ってだいぶ戻ってきた感覚はあるので、3週目に入ったら前の力以上を出せるようにしたい。
佐々木:1週目の野尻湖でのインターバルのポイント練習のときに1000mで離れてしまったが、その後にあった2回の距離走ではしっかり離されず余裕をもってやりきることができ、夏合宿の入りとしては良かった。1週目から2週目を移行する頃に故障してしまい、ほとんどポイント練習に参加できなかった。今は治ってきたので、3週目にはBチームで練習できるくらいに戻していきたい。
大成:この合宿の2週間前に故障してしまい、合宿に向けて急ピッチで治してきてまだ万全ではないが、戻ってきて黒姫駅伝にも出させてもらうので、そこでしっかり走って合宿後半につなげたい。


ー去年の夏合宿と違いを感じることは
大聖:仕事がないこと。
山下:それはでかい(笑)
一同:(笑)
大聖:やっぱり時間がある。
一同:うなずき
佐々木:時間ができた分寝ている。
大成:自分はストレッチや超音波をしている。


ーチームの中での2年生の立ち位置、他学年はどう見えるか
3人:学年リーダー(佐々木)!
佐々木:監督からも「お前らはAチームでやっていかなればならない」と言われているので、監督の期待に応えられるように自分らはしっかりやらなければいけないと感じている。それでもやはり、去年からAチームでやっていて余裕をもって練習をこなしている強い先輩方にはまだまだ適わず、1年生も去年の自分たちより確実に強いというのはわかっているので、負けないようにやっていきたい。


ーそれぞれの今後の目標は
山下:10月に札幌ハーフの出場が決まっている。この大会は駒大はここ数年優勝し続けているということで連覇したいのと、東洋大の選手が出場する予定なのでそれに負けず、優勝したい。ここで結果を出して、駅伝のメンバーに選ばれるようにしたい。
大聖:自分も山下と同じ日に別のハーフマラソン(鶴ヶ城ハーフマラソン)に出場する。その大会には駒大から3人出場するが、他の2人の選手に勝って監督へアピールしたい。
佐々木:夏合宿が終わってすぐにシドニーハーフマラソンがあり、そこで優勝できれば自然と自信もつくと思うので、優勝して駅伝シーズンにつなげたい。
大成:去年の自分は夏合宿はよくできたが、その後にケガをしてしまい駅伝メンバーに入れなかったので、合宿が終わった後も故障しないように気をつけながら出るレースでしっかり結果を出して駅伝メンバーを狙っていきたい。


ー残りの夏合宿は
山下:今は2週目で今日は距離走、明日はセット練習をするが、それぞれの練習を意味のあるものにして3週目はAチームでしっかり練習をこなしていい形で夏合宿を終えたい。
大聖:2週目に入って疲労は溜まってきたが、筋肉痛も取れてきて体が少しずつできてきていると感じているので、3週目に入ったらもう少し調子を上げていってポイント練習ではAチームでできるように意識を高くやっていきたい。
佐々木:明日故障明けの初めてのポイント練習なので、そこでしっかりやって3週目の距離走やインターバル走での疲労を残さないように練習しながら、大会(シドニーハーフマラソン)に向けて調整していきたい。
大成:まずは黒姫駅伝に向けて準備をして、終わった後も故障しないように気をつけながら練習していきたい。



次の更新は3年生の特集!お楽しみに!

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)