• 5回に満塁打を放った岡田耕=大和スタジアムで(寒川朋子撮影)

  • 東野は見事完投、エースの力を見せた

  • 全打席で出塁した米満(中川達夫撮影)

満塁打飛び出した!投打かみ合い好調スタート!

[硬式野球部]東都大学野球春季2部リーグ対国士大戦1回戦(2017年04月18日 15時41分)

東都大学野球春季2部リーグ対国士大戦1回戦が4月18日に大和スタジアムで行われた。結果とメンバー(駒大のみ)は以下の通り。

国士大 000 002 000=2
駒 大 000 050 10x=6


       打安点
(4)菅 野 411
(8)米 満 220
(9)酒井良 211
(7)岡田耕 314
DH 巴 山  400
(2) 長   410
(3)恒 川 200
H5 谷 本 100
5 新 井 000
(5)3小 西 200
3 吉 田 100
(6)青 木   400
      計2865



    回   打安責
○東野 9 3340

 国士大との初戦を白星で飾った。4回まで両チーム共にチャンスを作ることができなかったが、5回に試合が動いた。菅野赳門(商3)の中前適時打で1点を先制し、その後2打席連続四球などで1死満塁とすると、岡田耕太(市3)の左翼への満塁本塁打が飛びだし、一挙5点を獲得した。東野龍二(商4)は6回に2点を失ったが、テンポの良い投球で完投を果たし、国士大椎野とのエース対決を制した。

◆大倉孝一監督
「まずは1試合取れたのでね(よかった)。それと東野が頑張った。(岡田選手のホームランは打てという指示か)そう。(ベンチの前に出て出迎えていたが)選手が頑張ったら出迎えてやらないと。(岡田選手の次の打席はバント。今シーズンの野球が見えたように感じたが)今シーズンの野球というかもう1点取りに行かなきゃいけないところなので。(6回満塁でにマウンドでどんなことを話したか)今のランナーを全部還してもいいから1人ずつ(アウトを)取っていこうという話。(明日に向けて)1個ずつ同じようにやっていくだけ」

◆米満一聖主将(市4)
「(今日を振り返って)色々アクシデント(バスが渋滞で遅れるなど)があり不安な部分もあったが、勝てたのは良かったなと思う。(自らの打撃について)何としても塁に出るという(気持ちの結果が)たまたまヒットという形だっただけ。今日は打てたけど明日は打てるか分からないので、しっかり自分の役割を勘違いしないで、自分の気持ちをコントロールしてやっていきたい。("自分の役割"とは)今2番バッターとして置いてもらってるので、まずはしっかりチャンスを作る、チャンスを広げるというのが自分の役割だと思っている。(岡田耕選手のホームランについて)4番の仕事をしてくれたというか、あそこでしっかり振れた、しっかりホームランになったというのが、(バッティングの調子が)良くなってきたんじゃないかと思う。(東野選手の完投について)龍二がエースとしてチームを引っ張ってくれているので、しっかりこっちが支える、何としてもあいつを勝たす、それだけをチームとして徹底してやっていこうと思う。(明日に向けて一言)勝つか負けるかはやってみないと分からない。自分たちの全力というか、出来ることを全て出し切る、それを一戦一戦常にレベルアップ出来るようにつなげていきたいと思う」


◆東野龍二
「(今日は)初回からテンポ良くストライク先行で投げれたので、こちらに流れを持ってこれたかなと思う。(5回に味方が5点を獲得したことで)気持ちを楽に投げることができた。(相手先発は)良いピッチャーなので、先に点を与えないように意識して投げた。(これまで3試合で先発してエースにふさわしい投球が続いているが)自分もエースとしての自覚を持ってやっている。とにかく、チームが勝てれば良いと思っている。(次回の登板に向け)更に成長していくために練習していきたい」

◆岡田耕太
「最初の2打席チャンスで凡退して点を取りたいという気持ちで打席に入った。3打席連続で凡退するのは嫌だった。(前の2打席も打球は悪くなかったと思うが)そうだが、風もあったのであれだけ上げてしまったら駄目だと思い、(3打席目は)叩きつける感じで打った。(感触は)打った瞬間外野は越えると思ったが、風もあったし、あそこまで飛ぶとは思わなかった。(ホームランは2年ぶりだが)1年の春はけっこう打てたが、そこから打てずにずっときた。またやっとレギュラーを獲得できて、もう外れたくないので、どれだけアピールできるかが大事だと思う。(4番として起用されているが)4番とは考えずに、4番目のバッターなので。周りにもっといいバッターがいるので、自分はできることをするだけ。(ホームランの次の打席はバントだったが)1点ずつ取っていかないといけないので。チャンスを作って1本というのをずっとチームでやってきている。(今日は風は強かったが守備は)ずっと意識して気をつけていた。(具体的には)外野同士で声をかけあっていた。(次戦に向けて)1カード目では1戦目に3安打して2戦目、3戦目とノーヒットだった。コンスタントに打っていきたい」

*また、twitterでも試合の速報をしています。併せてご利用ください。(@koma_basaball)

次戦、対国士大第2回戦は4月19日(水)12時30分より大和スタジアムで行われる予定。

■大和スタジアムへのアクセス
小田急江ノ島線「桜ヶ丘駅」下車 徒歩10分
小田急江ノ島線・相鉄線 「大和駅」下車 徒歩15分

発行冊子最新号一覧背景(左)

硬式野球部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)