• 『青学大ばかりに勝たせてはいられない」と話した大八木監督(田上佳雅撮影)

  • 箱根での活躍を誓う西山(奥田葉月撮影)

  • 選手たちを背に意気込みを語る監督(曽根彩花撮影)

箱根に向け、駒大へエール!

[陸上競技部](2016年12月01日 20時09分)

駒澤大学体育会本部による箱根駅伝壮行会が、12月1日に駒沢キャンパス記念講堂で行われた。

式次第
1.開会
2.選手入場
3.学長挨拶
4.部長・監督・選手挨拶
5.寄せ書き・花束贈呈
6.校歌(應援指導部ブルーペガサス)
7.選手退場
8.閉会

以下、監督・選手のコメント

◆大八木弘明監督(58)
「駒大は、8年くらい箱根駅伝で勝てていません。優勝できていなくても、最低でも3番以内には入ってきましたが、みなさんの期待には応えられていなかったと思います。昨年は、三大駅伝をオールスリーで終わってしまいましたけれども、今年は出雲5位、全日本4位とまた試練が来ていると思います。層は少し薄いですが、今立て直していて、箱根に向けて良い状態にはなってきています。箱根では中谷が戻ってきます。また、全日本を走った選手に加えて2、3人また良い選手がいます。中谷がいなくて全日本4位なので、これでまた少し層が厚くなります。箱根は、青学ばかりに勝たせてはいられないので、しっかり駒澤の力を出して挑んでいきます。往路が勝負になってきますので前半に良い流れを作って、復路にそれをつなげて優勝を目指していきます。応援のほどよろしくお願いします」

◆西山雄介(経4)
「出雲、全日本は悔しい結果になってしまいました。残り1ヶ月、やるべきことをすべてやりきって、万全な状態で箱根に臨みます。みなさんに良い結果が報告できるように頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします」

◆大塚祥平(営4)
「箱根駅伝で良い結果が残せるように残り1ヶ月、チーム一丸となって練習や生活等しっかり頑張って行きますので、応援よろしくお願いします」

◆工藤有生(政3)
「箱根駅伝までに調子を上げて、優勝できるように頑張ります」

◆中西亮貴(地3)
「箱根駅伝の10人のメンバーの中に入って、優勝に貢献できるように頑張ります」

◆紺野凌矢(歴3)
「応援してくださる方々に結果で恩返しできるように、個人としてもチームとしてもあと1ヶ月、万全な準備をしていこうと思っています」

◆伊勢翔吾(現2)
「箱根駅伝では主力選手に頼るのではなく、自分のところで良い流れを作れるようにしたいです」

◆下史典(経2)
「箱根駅伝では出雲、全日本で獲れなかった区間賞を獲ってチームで優勝できるように頑張ります」

◆片西景(地2)
「箱根駅伝では駒澤のユニフォームを着て走ることに誇りを持って頑張りたいと思います」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)