• 相手の積極的なプレスもあり両サイドの攻撃が生きなかった攻撃陣=早稲田大学東伏見サッカー場で(安藤沙帆撮影)

  • シーズン3度目の連敗で肩を落とす選手たち

3度窮地へ 終盤の2失点で0-3の惨敗

[サッカー部]第90回関東大学サッカーリーグ戦・第18節・対桐蔭横浜大戦(2016年10月15日 19時49分)

 第90回関東大学サッカーリーグ戦・第18節・対桐蔭横浜大戦が10月15日、早稲田大学東伏見サッカー場で行われた。結果とメンバー(駒大のみ)は以下の通り。


 駒大0-3桐蔭大☆
  (0-1)
  (0ー2)


【得点者】
25分:[桐]田中
81分:[桐]八戸
84分:[桐]鈴木(山下)


【メンバー】
GK輪島 稜[3]
DF鈴木啓晃[4]、熱川徳政[3]、宮坂 瑠[4]、伊勢 渉[2]
MF大塲淳矢[2](→84分児玉卓也[4])、中原 輝[2](→69分安藤 翼[2])、大村英哉[3](→75分小田俊介[4])、吉岡雅和[4]、種岡岐将[4]
FW大谷真史[4]

【SUB】
GK角井栄太郎[2]
DF星キョーワァン[1]
DF須藤皓生[2]
FW鈴木魁斗[4]
※[ ]内数字は学年


攻守ともにかみ合わない試合となった。中盤でのプレーが続いていた前半25分、相手の左サイドのフリーキックからの混戦の中、右足でゴール左に決められ先制を許す。1点ビハインドの中積極的に攻めたてる駒大は前半27分、中原のコーナーキックに合わせ大塲がヘディングでゴールネットを揺らす。ところがこれはキーパーチャージの判定により得点が取り消される。さらに、中原の左のコーナーキックに大谷も頭で合わせたが、ゴールポスト右に逸れ、チャンスをものにできないまま前半が終了する。後半、追いつきたい駒大は中原を機転に何度もクロスをあげるものの、相手ゴールを脅かすまでは至らず歯がゆい展開が続く。逆に終盤、相手のドリブル突破でディフェンスの連携が崩れたところを立て続けに失点し、試合終了。手痛い連敗となった。


◆秋田浩一監督
「(今日は)残念だった。暑かった中で選手も頑張ってはいたが、もう少しやれたと思う。特に両サイドが機能しなかったのが今日の敗因だと思う(2試合連続無得点、攻撃陣は)今日は大谷が最後までヘディングも競っていた。先週けがをして気持ちや考え方が変わっていてよくやったほうだと思う。今度は他が大谷のトラップを拾えるようになれば機能するんじゃないか。そこに関しては明るい材料だと思う。(後半の守備)中盤と前がもう少しプレスをかけていれば変わっていたと思う。ここ数節まではちゃんとボールを追えていたが今日は追い切れていなかった。あと最終ラインも上げられれば、もう少しコンパクトにまとまって3点目みたいな失点はなかった。相手の攻撃、突破の仕方を計算に入れてプレーするのがディフェンダーなので基本的な部分から“まだまだ”だと思っている。(後期からスタメンの伊勢は)前期はけがで出遅れたり、夜間授業の関係上コンディションが不調だった。今はちゃんと足も出るし頑張っているが、足が遅いのでそれも折込みで守らなくちゃいけない。なのでスピードでやられると点を取られてしまう。(日体戦へ)頑張んないと“ヤバい”でしょ。“最大に命かけて”やんないと。男だから。一生のうちに何回も命かけてやることって学生時代は特にないんだ。だから気持ち込めてやるしかないと思う。」

◆種岡岐将(地4)
「(今日は)監督の求めていることを一人一人ができなかった。前回負けて、この試合が大事だと言われていたが、奮い立ってプレーできず、この状況においても危機感を感じてチームとしてまとまれないというのがこのチームの弱さだと感じた。(チームの動きは)とにかく相手を裏向きにして嫌がることをもっとやり続けなければいけなかったが、攻守の目指すプレーが違ってしまい、できなかった。後ろから前線にボールを送れずにクリアするだけになってしまい攻めきれなかった。相手に押し込まれたときに攻撃を我慢して守備に入れなかったり、攻守の空いているゾーンを作ってしまったりと、どうプレーしていくのかがここにきてまた見えなくなっている。試合前から終始セットプレーに注意するように言われていたが、きちんと体を当てていれば失点を防げた、セットプレーでの2失点は個人個人の責任が大きい。最後の失点も切り替えて得点につなげるようにプレーしないといけないところで、簡単に躱され失点してしまった。(次節へ)自分たちの強みはチーム力や走り切る力。とにかく走って、チームとして戦うことだけ。守備や少しでも早く敵陣でプレーすることを次節までに調整したい」



なお、次節は10月23日、川口市青木町公園総合運動場にて11:30から日本体育大と対戦する。
・JR京浜東北線「西川口」駅より徒歩10分、または「東浦和」行バス乗車、「青木公園」下車、徒歩3分
・JR「川口」駅東口より「鳩ヶ谷公団住宅」行、「新井宿駅」行、「東川口南口」行バス乗車、「青木公園入口」下車、徒歩3分

発行冊子最新号一覧背景(左)

サッカー部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)