• チーム一丸となって戦う構えを見せる大八木監督(奥田葉月撮影)

  • 開会式で壇上に立つ選手たち

いよいよ明日決戦!出雲駅伝区間エントリー発表

[陸上競技部](2016年10月09日 20時48分)

 第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走があす10月10日(月・祝)、出雲大社〜出雲ドームの6区間45.1kmで行われる。前日の今日、区間エントリーが発表された。区間エントリー及び補員は以下の通り(駒大のみ)。

★区間エントリー★
1区(8.0km) 西山雄介(経4)
2区(5.8km) 高本真樹(経3)
3区(8.5km) 工藤有生(政3)
4区(6.2km) 下史典(経2)
5区(6.4km) 浅石祐史(市4)
6区(10.2km) 大塚祥平(営4)
補員 中西亮貴(地3)
補員 藤木悠太(営3)


レース全体の流れを作る上で重要な1区を走るは、昨年5区で区間賞獲得の西山。9月末日に行われた記録会で自己ベストを更新し、波に乗る2区高本にタスキをつなぐ。工藤は昨年に引き続き3区を担当。絶対的エース中谷欠場の中、次期エースの走りに目が離せない。出雲駅伝初出場となる下は、4区にエントリー。5区を任されたのは、浅石。ブランクを超え出雲駅伝に照準を合わせてきた駒大主将が見せる走りに期待がかかる。昨年と同じくアンカー6区を走る大塚。順位を2つ落とした悔しさを晴らせるか。さらに、自身初の駅伝区間賞も狙う。今年の出雲で試されるのは駒大のチーム力。それぞれの思いを胸に、6人の選手が出雲路を駆け抜ける。
 
◆大八木弘明監督
「(チームの状況は)エースが一人いないが、ほかの選手は夏合宿を含め、しっかり練習をこなせている。記録会等もまずまずの結果。チーム一丸となって戦っていこうと気持ちになっている。目標は昨年の3番よりは一つでも上に行くこと。距離が短い駅伝だからこそ、スピードのあるチームに負けないようにやっていきたい。(ポイントとなる区間は)6区間という短い区間だからこそ、この駅伝は一つもミスができない。ミスしたらおそらく負ける。とりあえず1区から前半3区まではしっかり前に行かないと優勝争いから脱落してしまう。前半からしっかり戦っていきたい」

~お知らせ~
明日はtwitterにて速報を流す予定です。フォローのほど宜しくお願いします。
アカウント名:駒大スポーツ


発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)