堅守見せつけ今季2連勝!

[アメリカンフットボール部](2015年10月04日 23時53分)

2015年度関東学生アメリカンフットボールリーグ第3節、対東海大戦が10月4日アミノバイタルフィールドで行われた。結果は以下の通り。

☆駒 大30-13東海大
1Q(0―0)
2Q(15―0)
3Q(7-0)
4Q(8-13)

◆新倉晴彦監督
「(今日を振り返って)反則だけでかなり損をしていたし、東西戦の反省が生かされていない。東海大の8番が怪我をしていたので、なぜそこをアタックしていかなかったのか。私自身も選手たちも今日の試合について納得はしていないと思う。ただ、自信はついてきたと思うのであとは詰めの甘さをどれだけ直せるかだと思う。(選手について)澁谷はいるだけで攻撃の幅が違う。ディフェンスだと川村かいいタックルをする。五十嵐はフィジカルを鍛えていければいい。青島は安定している。(帝京大戦に向けて)ハイリスクな攻撃を仕掛けてくるので、ミスをなくして逆に相手のミスを突くように堅実に攻めていきたい」

◆勝又奨太主将(心4)
「(試合を振り返って)やらなきゃいけないところでできなかった。前節で勝っており、試合に影響はなかったが、心のどこかで今回も勝てるだろうという思いがあり全体として地に足がついていない印象だった。決め所で決められずつまらないミスが多かった。(良かった点は)やはりディフェンス。オフェンスもつまらないミスがなければ良かった。(帝京大戦に向けて)次の試合に目を向けてできているので、組織力で勝ちたいし、冷静に試合に臨みたい」

◆伊藤 健
「(試合を振り返って)準備したことを発揮できた。細かいミスがあったり、チームの雰囲気が浮ついていたというところを詰めていかないと上と渡り合えない。チームは下級生が中心であったが、後輩の指導も視野にいれていかないといけない。(帝京大戦に向けて)前節の一橋戦では、気負いすぎて力を出せなかった。力を持っていたとしてもいざというときに出せないと意味がないので100%のパフォーマンスを試合時に出せるようにしていきたい」

なお、次節・帝京大戦は10月17日16:30からアミノバイタルフィールドで行われる予定。
■会場へのアクセス
・京王線飛田給駅下車徒歩5分
・JR中央線武蔵境駅・三鷹駅よりバス20分

発行冊子最新号一覧背景(左)

アメリカンフットボール部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)