• 前方でレースを進めた宮下=日体大健志台キャンパス陸上競技場で(田代愛撮影)

  • 安定の走りを見せる中西

  • 前の選手を追う大谷

夏明け、自己ベスト続出

[陸上競技部]第239回 日本体育大学長距離競技会(2014年09月29日 02時06分)

第239回日本体育大学長距離競技会2日目が9月28日、日本体育大学健志台キャンパス陸上競技場で行われた。結果は以下の通り(上位3名と駒大のみ)。

<5000m>
【35組】
1着 出口 遼(中央大) 14:27.63
2着 館澤 亨次(埼玉栄高) 14:30.64
3着 小笹 椋(埼玉栄高) 14:32.90
9着 紺野 凌矢(歴1) 14:38.54

【36組】
1着 牛山 純一(茅野市陸協) 14:22.97
2着 滋野 聖也(横浜高) 14:25.16
3着 齋藤 大樹(内田治療院AC) 14:25.44
27着 小黒 誠那(法1) 14:58.42

【37組】
1着 秦 将吾(山梨学院大) 14:20.45
2着 鈴木 駿(南陽市役所) 14:22.54
3着 渥美 良明(中央大) 14:23.13
27着 吉田 理人(仏2) 14:53.69
33着 金尾 圭祐(商2) 15:11.64

【38組】
1着 小椋 新之介(黒崎播磨) 14:18.76
2着 加藤 淳(西脇工業高) 14:20.16
3着 中村 大成(東北高) 14:20.59
5着 宮下 紘一(経3) 14:21.28 ☆
28着 金森 象(政3) 14:38.98

【39組】
1着 市川 孝徳(日立物流) 13:52.42
2着 徳永 照(中央大) 13:58.75
3着 野田 一貴(大塚製薬) 13:59.74
21着 中西 亮貴(地1) 14:19.79 ☆
38着 藤木 悠太(営1) 14:47.11
41着 板橋 賢吾(市1) 15:10.79

【40組】
1着 バルソントンレオナルド(日清食品グループ) 13:25.39
2着 メラクアベラ(黒崎播磨) 13:32.45
3着 ウィリアムマレル(Honda) 13:33.24
15着 上野 渉(12年度卒、現・Honda) 13:55.43
16着 大谷 卓也(営4) 13:56.30 ☆
24着 高本 真樹(経1) 14:04.83
25着 工藤 有生(政1) 14:07.27 ☆

※☆は自己ベスト

38組宮下は、2000m過ぎた辺りでペースを上げ集団前方に。そこからスピードがあまり落ちることもなく、ゴールし自己ベスト。39組の中西は、終始集団真ん中に位置し、最後まで自らのペースを保ち、自己記録を更新した。最終組に出場した大谷・工藤は集団後方からスタート。大谷は安定した走りを保ち、4000m辺りでペースを上げるとそのままの勢いにのりゴール。自己ベストを更新した。工藤は2500m辺りから攻めの走りを見せる。苦しそうな表情で粘り強く走り、自身の記録を大きく塗り替えた。

◆大八木弘明監督
「(今日のレースは)最終組以外の1年生は自分でも過信していた。練習の流れを見て組を変えないといけない、とつくづく思ったレースだった。(最終組は)よくついていったと思う。大谷はようやく自己ベストを出せてよかった。合宿でもよかったので、出るかなとは思っていた。工藤もいいタイムでよかった。高本はもう少し頑張ってほしかった」

◆大谷卓也(営4)
「(レースを終えて)高校ぶりの記録を塗り替えられてとにかく安心した。ラスト1000mくらいから、出すぞ、という気持ちで走った。(結果が出たのは)1年間怪我がなかったので、練習を積んでこれた。5000mは自己新を出せたので、次は10000mをチャレンジしていきたい」

◆高本真樹(経1)
「(今日の調子は)合宿明けだったのでいけるとこまでチャレンジしようという思いがあった。前半期と違って、走りに手応えを感じることができたので、良い試合になったと思う。(レースを振り返って)前半は設定どおりのタイムでいって、余裕もあったので、感覚的には良かった。ラストで上がりきらなかったので、そこが課題。13分台を出したかった。(今後の目標は)出雲駅伝がはじまってくるので、その争いに加われるように、しっかりやっていきたいと思う」

◆工藤有生(政1)
「(今日のコンディションは)良かった。(今日のレースは)最終組だったので、速い入りになると思っていた。後ろからゆっくりついていって、気持ち的にも余裕をもたせて、最後に出たかったが、出れなかったのが課題。(監督からは)速い組なので、ゆっくり後ろからついていくよう言われていた。(今後は)1年生の中でトップの高本に、今日は良い具合についていくことができたので、今後は抜かすくらいの気持ちでやっていきたい」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)