陸上部新入生特集 Vol.3

[陸上競技部]2014年度陸上部新入生特集(2014年05月03日 11時10分)

 昨年度は「原点と結束」をテーマに活動してきた陸上部。この春、強力な新入生が駒大の門を叩いた。新たなフィールドに立った12人の新入生に、駒澤大学陸上競技部に入部したいきさつや、駅伝に対する思いなどを伺った。

4回に渡ってお届けする『陸上部新入生特集』。第3回目は、高本真樹選手、中西亮貴選手、西崎禎志選手をご紹介します。なお、今回は事前に選手の皆さんに答えていただいたアンケート(「質問」―回答 形式の部分)を基に、インタビューしています。(本取材は3月中旬に行いました。)



『学年関係なく抜かす勢いでやっていきたい』
    ―高本真樹選手

「駒澤大学を選んだきっかけは?」―強いから
「目標とする人は?」―駒澤大学の先輩方
「大学での意気込みは?」―勝つ選手になる

―駒大に入ったきっかけを教えてください
高本真樹(以下、高本)  チームについては東洋大と駒大で悩み、いろいろな人に聞いて決めました。やはり一番の決め手は大八木監督の熱い勧誘と、先輩方に尊敬できる方が多く、このチームでやってみたい、という気持ちが一番強かったからです。
―チームの印象はどうですか?
高本 私生活も練習も厳しい、と思って入ってきましたが、私生活の面では先輩たちが優しく教えてくれ、雰囲気もあまり学年関係なくいい関係を築いていると思います。練習は厳しくて、一人一人が高い目標を持って行っています。
―高校と一番違うと感じた部分はなんですか?
高本 大学は自己責任が一番で、自分の体調は自分で、というところが大きいですね。自分で管理しないと強くなれないのだと思いました。
―ライバルはいますか?
高本 やっぱり駒澤大学だけではなく、他の学校の同学年だけには絶対負けたくないです。駒大の先輩方にもいつかは追いついて、走れるようになりたいです。
―大学での目標はなんですか?
高本 最初はまず大学に慣れるってことが目標で、4月に入るくらいまでには同じような練習をこなしていければいいなと思います。しっかり練習をやっていけば結果もついてくると思うので、試合に出るからには勝てる選手になりたいです。
―進路について家族から言われたことはありますか?
高本 進路については、家族から自分の好きなところに行っていい、と言われたのであまり言われていないです。駒澤と決めて家を出てきたので、どこに行っても応援してくれるという言葉をもらいました。そのためにも結果で返さなければいけないと思います。
―意気込みを教えてください
高本 自分の体調管理をしっかりして、いつまでも1年生だから、と思わずに学年関係なく抜かす勢いでやっていきたいです。

◆高本真樹(たかもと・まさき)
経済学部経済学科1年
学法石川高(福島)を経て入学
5000mベスト 14:01:63
座右の銘「克己心」



『練習からコツコツと力を積み上げていきたい』
    ―中西亮貴選手

「駒澤大学を選んだきっかけは?」―競技力を極めたかったから
「目標とする人は?」―中村選手(経4)
「大学での意気込みは?」―チームの力となって出雲、全日本、箱根で優勝する

―駒澤に入ったきっかけを教えてください
中西亮貴(以下、中西) 高校の時に陸上を続けるか迷ったけれど、大八木監督から話をもらってここで陸上を極めようと思ったからです。
―大八木監督との出会いは?
中西 記録会で高橋コーチに走りを見てもらい、インターハイの時に大八木監督に声を掛けてもらいました。
―長所はどういうところだと思いますか?
中西 何事も継続して、コツコツ積み上げていく事です。
―チームの印象はどうですか?
中西 練習中良いところや悪いところを互いに切磋琢磨している感じがしました。
―目標にしている選手は?
中西 中村匠吾選手です。競技力もあるしキャプテンとしてチームをまとめ上げているところを尊敬しています。
―ライバルはいますか?
中西 このチーム・世代の中で高め合っていきたいです。
―なぜ座右の銘が「継続」なのですか?
中西 練習からコツコツと力を積み上げていきたいと思っているからです。
―では大学での目標を教えてください
中西 チームの一員として起用してもらえるような選手となって、出雲、全日本、箱根で3冠を取りたいです。

◆中西亮貴(なかにし・りき)
文学部地理学科1年
益田清風高(岐阜)を経て入学
5000mベスト 14:30:75
座右の銘「継続」



『区間賞を取れるように頑張りたい』
    ―西崎禎志選手

「駒澤大学を選んだきっかけは?」―自分も先輩方のように走りたいと思ったから
「目標とする人は?」―同じチームメイト
「大学での意気込みは?」―大学駅伝で3冠を成し遂げる

―駒澤に入ったきっかけを教えてください
西崎禎志(以下、西崎)  大学駅伝を見て憧れて、自分も先輩方のように走りたい、と。駒澤はとても強い印象があって、自分も駒澤のユニフォームを着て走りたいと思いました。
―チームの印象はどうですか?
西崎 とても意識の高い集団で大学駅伝3冠を本気で成し遂げようとしていると思いました。先輩後輩がはっきりしていて、同じ目標に向かって全体が一つになっている感じがします。
―監督の印象はどうですか?
西崎 選手を世界で活躍させるためにとても熱心に教育されているという印象です。
―長所はどこですか?
西崎 スタミナには自信があり、長距離での勝負が得意です。
―座右の銘は何ですか?
西崎 座右の銘は、「コツコツは勝つコツ」です。
―なぜですか?
西崎 高校の監督から、何事も小さな努力からやっていかないと大きなことは成せないと言われていたからです。
―大学での目標を教えてください
西崎 大学駅伝でしっかり3冠を取って、区間賞を取れるように頑張りたいです。

◆西崎禎志(にしざき・ただし)
経済学部現代応用学科1年
鎮西高(熊本)を経て入学
5000mベスト 14:28:82
座右の銘「コツコツは勝つコツ」

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)