• チームを引っ張る立場になった高林(左)、宇賀地=陸上部道環寮で(山下順子撮影)

  • 箱根駅伝で8区を走る高林。必死に前を追い、区間賞を獲得した

  • 練習で先頭を走る高林

  • 昨年の関東インカレでハーフマラソンに出場し、日本人トップとなった宇賀地

  • 箱根駅伝で「花の2区」を走る宇賀地。今回、3度目の2区を駆け抜けた

最強カルテット・4年目に懸ける思い~Vol.3 高林祐介×宇賀地強~

[陸上競技部]4年生カルテットインタビュー(2009年04月13日 16時02分)

これまで2回にわたってお届けしてきた4年生カルテット特集。最終回を迎える今回は、主将・高林祐介選手、駅伝主将・宇賀地強選手、お2人のインタビューをお届けします。
 今年1月にそれぞれ主将、駅伝主将に就任し、チームを背負っていく立場になった2人。チームに対する思いや、最後のシーズンへの目標を話していただきました。


コマスポ(以下、コマ):新主将になってみて、今どんなお気持ちですか?
高林祐介(以下、高林):とりあえずは主将というより一番上の学年になるので、まあこれは主将になってもならなくてもだと思うんですけど、今までは頼るところがあったけど、頼られる立場になると思うので、その部分ではちょっと今までと違わないとダメなのかなっていう感じです。

コマ:自分たちが頼られる立場になるにあたって、緊張とかはありましたか?
高林:今年の箱根がいい結果で終わっていれば、そういうの(緊張)はあったかも知れないんですけど、そう感じてるよりも、そんな事を通り越してやっていかないといけない部分が大きいので、そういうのはあまり感じないですね。

コマ:駅伝主将に決まった時はどんなお気持ちでしたか?
宇賀地強(以下、宇賀地):まぁ、はっきり言って名前だけなんで(笑)そういうのはないです。
高林:普段から(練習を)引っ張ってますから。

コマ:今まで主将をやっていたことはあったんですか?
高林:僕はありません。
宇賀地:ない・・・・・・ように見せかけてあります。
高林:あるの!?
宇賀地:俺、キャプテンだよ。
高林:知らんかった・・・。

コマ:いつ主将を務めていたんですか?
宇賀地:高3です。

コマ:2人でどうやってチームを引っ張っていこうとかお話したりしますか?
高林:会話の中でですけど・・・場を持ってやるわけではないですが・・・ふとした時に、飯食ってる時とかに、ちょろっと。

コマ:今のチーム状況はどうですか?
高林:新入生が入ってきて刺激にはなってるのかなって思う。悪くはないと思うんですが、まだ上と下の差が大きい部分が・・・下の学年がまだ怪我してたりするので、そういう人たちがもうちょっとこう、1年生に刺激を受けて上がってきてくれるともっと良くなるのかな~って思いますね。

コマ:高林さんにお聞きしますが、2月に丸亀ハーフマラソンに出場してみていかがでしたか?
高林:今までハーフは府中でしか走ったことなくて、結局府中はうちの大学しか出ないので、テストみたいな感じ。なので実際ちゃんとしたハーフマラソンは初めてだったので、不安はあったんですけど、いざ走ってみるとある程度走れたので、そこそこ行けるかなっていうのを感じました。

コマ:他大にも強豪選手はいましたよね?
高林:あんまり気にしてなかったです。学生で気にしていたのは星だけなので。大学というより、レース自体を実業団の人とどれだけ競れるかっていうのを考えながら走りました。

コマ:箱根駅伝で区間賞を取り、ハーフマラソンでも自己ベストを出したことで自信にはなりましたか?
高林:もう4年生なんで、いい加減長いの苦手とか言ってる場合じゃないんで、そこらへんは苦手意識とかそういうのはないです。

コマ:3月に福岡クロカンにも出場しましたが、いかがでしたか?
高林:自分の中では体調も良くなかったので、最低限、次につなげられたので。良くはないですが・・・。

コマ:宇賀地さんにお聞きしますが、2月に熊日30kmロードレースに出場してみていかがでしたか?
宇賀地:まだまだ力不足でした。

コマ:学生トップでしたが、嬉しいとかそういう気持ちはありましたか?
宇賀地:学生自体そんなに出てなかったんで、あまり思わないですね。

コマ:実際のレースで30kmを走るのは初めてだったと思うんですが、どうでしたか?
宇賀地:多少、甘く考えていた部分もありました。そういう面では弱かったんだなぁと思います。

コマ:トラックシーズンにどうつなげていきたいですか?
宇賀地:まぁ、はっきり言って別物なんで、何とも言えないんですけど、他の人と比べて、他の人は3月にもレースがあって、結構長く試合を引っ張っちゃってたんで、その点に比べて3月は走り込みできた方ですね。それをトラックシーズンに上手く生かせればいいと思います。

コマ:お2人に質問ですが、駒大で3年間走ってきて自信がついたことは何ですか?
高林:何だろう・・・(しばらく迷う)
宇賀地:君はとりあえず長い距離走れるようになったじゃん。
高林:ああ、長い距離走れるようになりました(笑)。なんやろーなぁ。長い距離走れるようになったと言っても年食ってるからなあ。
宇賀地:うーん、何だろうなぁ。まぁ、このチームだからだとは思うんですけど、駅伝に対する意識が変わりました。

コマ:駅伝で優勝できて嬉しいっていうことですか?
宇賀地:勝ったら嬉しいですけど、2番3番ですごく悔しい思いをするのはうちのチームだけかなって。

コマ:たくさん嬉しい思いや悔しい思いをしてきたんですね。
宇賀地:まぁ、終わり良ければすべて良し。今年勝てればいいんじゃないかと。

コマ:「3大駅伝全部勝ちたい」と、深津選手もおっしゃっていましたが、普段そういう話はするんですか?
高林:すると言うより、みんな同じこと思っているんじゃないか、と。
宇賀地:てかーあれですよね。うちの学年は僕以外はクールなんであんま出さないんです。そういう目標とか僕は結構言うんですけど、クールなんでみんな、言わないんです。不言実行。
高林:まぁ、なのでとりあえず3つ勝ちたいです。4つと言うか(笑)。1つ増えましたけどやることは基本的には変わらないんで、1つ1つクリアしていくような形でやっていけたらいいなと思いますね。

コマ:今のところは4つの大会をこなしていく感じですか?
高林:そうですね。
宇賀地:僕たちがやらないと。

コマ:最後に、4年目に懸ける思いをお願いします。
宇賀地:リベンジ!!
高林:終わり良ければすべて良しだと思うんで、頑張ります!



◆高林祐介(たかばやし ゆうすけ)
文学部歴史学科4年
1987年7月19日生まれ
三重・上野工高出身
5000mベスト 13:55:64
ハーフマラソンベスト 1:02:36
昨季は3大駅伝すべてで区間賞を獲得。どんな距離でも強さを発揮した。
今年1月に主将に就任。

◆宇賀地強(うがち つよし)
法学部法律学科4年
1987年4月27日生まれ
栃木・作新学院高出身
5000mベスト 13:43:34
10000mベスト 28:37:67
ハーフマラソンベスト 1:02:54
1年生の頃から、駅伝では主要区間を務める不動のエース。
今年1月に駅伝主将に就任。

発行冊子最新号一覧背景(左)

陸上競技部の前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

前後のニュース

発行冊子最新号一覧背景(右)
発行冊子最新号一覧背景(左)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

発行冊子最新号一覧背景(右)